gohongi Friday #3

Comment

gohongi Friday #3

こんにちは。toffの長谷川です。

表題の通り本日、行います。

 

 

" gohongi Friday "

2月から始めて既に第3回目となりました。

今回の目玉と言えば。。。

 

 

昨日、岡本がこちらでご紹介した『Jutta Neumann』のレザーサンダル。

toffの為にNAVYレザーで作製された逸品でございます!!

こちらは本日より発売。

"gohongi Friday "でドリンクを飲みながら是非、1度お試し下さい。

そして、もう一つ...。

当店でも大変好評を博しているデニムブランドWESTOVERALLS。

コチラの定番品でもある5ポケットシリーズとGジャンにフォーカスをあて、サンプルを取り揃えております。

実際にお試し頂ける数少ない貴重な機会なので、こちらもお楽しみに。

 

 

それでは以下、詳細です。

--------------------------------------------------------------------------------------

【gohongi Friday】

<DATE>

2017.04.28(Fri.)

12:00~22:00

<PLACE>

1F watanabe Bldg. 2-52-11 gohongi meguro-ku Tokyo

<TEL>

03-3711-7795

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

Jutta Neumann HERMES

Comment

Jutta Neumann HERMES

こんにちは。

toffの岡本です。

 

早速ですが、先日こちらでご紹介しているサンダルが、いよいよ4/28(Fri)より店頭に並びます。

Jutta Neumann : HERMES / ¥55,000+TAX-

 

昨年も好評を頂いておりました、Jutta Neumann。

今年はJuttaといえば!な形の一つであるHERMESのみに絞ってご用意。

そして、toffの為にNAVYで作成してもらいました。

 

Jutta Neumannに関しては以前こちらこちらで長谷川がいい感じに語ってくれていますので、是非リンク先をご覧頂きたいです。

 

最小限で直線的なアッパー(ストラップよりもアッパーと呼びたくなります。)と、それに相反する隆起した地層のようなソールの曲線が印象的。

この曲線が立体的に土踏まずを支えてくれることで、抜群のフィット感や履き心地の良さを実現してくれます。

また、ラティーゴレザーのフットベッドと相まって、経年で所有者の足型に沈み、馴染んでくるのが非常に愉しみでもあります。

 

最初はキツく感じる方が多いですが、そこは革靴の調教と同じです。

とにかく履き込んで自分の足に馴染ませてください。

その時こそ、自分だけの極上の履き心地を味わえます。

 

そして履き心地や使い勝手、見た目のボリューム感を考慮してビルケンソールをチョイスしています。

レザーソールも選べたのですが、toffとしてはビルケンソールです。

ソールが減ったら張り替えて、永く付き合えるのも革靴さながら。

 

一人の職人が全行程を受け持つベンチメイドならではの釘のランダム具合も魅力的。

職人の性格を想像してしまいますね…。

アジと捉えて頂けると、とても愛着が湧くポイントかなと。

 

 

スポーツサンダル、グルカサンダル、シャワーサンダル、ビーチサンダル…etc、世の中には様々な形のサンダルが溢れていますが、Juttaのサンダルは「Juttaのサンダル」という一つのジャンルを作っていると思います。

「サンダル界のロールスロイス」とか、「涼しい革靴」とかよく言いますが、まさしくその通りでこんなに高級感、履き心地、デザイン性が高次元で両立しているサンダルは中々無いのではないでしょうか。

 

 

今年のtoffのサンダルはコレ「のみ」しかありません。一択です。

そのくらいオススメ出来るアイテム。

僕は買うつもりですので(NAVY欲しかった…。)

気になる方は是非、お試しになってみてください。

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

Comment

OPEN COLLAR SHIRTS STYLE

Comment

OPEN COLLAR SHIRTS STYLE

こんにちは。

最近、暑くないですか??なんて言葉を良く耳にするtoffの長谷川です。

確かに暑い。。。

いやはや、もうそんな時期なのかなぁーと。おじいちゃんの如く遠い目で見ている長谷川を横目に、既に半袖や七分袖とかで歩いてる方を多数見かけます。

リアルタイムを信条とする長谷川は、いつもこのくらいの時期になると薄手の羽織りにカットソーかコットンニットあたりを着る傾向にありますが、、

アパレルらしく?!ちょっと、先取りしてみたくなった感は否めません。

なので...本日は着させて下さい。

半袖を。。。(笑)

 

AURALEE  : SELVEDGE WEATHER CLOTH OPEN COLLARED HALF SLEEVED SHIRTS / ¥20,000 + TAX-

COMOLI : BELTED DENIM PANTS / ¥28,000 + TAX-

Buudy Optical : YALE / ¥20,000 + TAX- 

 

テーマは『シンプル イズ ベスト』

個人的に、そこそこいい年齢になってきたところもあるので、よくBlogや店頭では"大人は引き算"やら"頑張らない頑張り過ぎない"スタイリングを提唱しています。

そこを踏まえると柄物よりも無地を選んでしまいがちなんですが、無地ばっかり着ているとたまには柄のある物も着たくなったりします。アイテムのクォリティーありきですけど、シンプルな装いはそのままにイメージを膨らませると3アイテムで済んでしまいました。

イメージは"昔、ロスで見たスケーター"

オーバーサイズのオープンカラーのシャツにオーバーサイズのデニムとVANSという合わせ。小物はニットCAPとサングラスを着用していた人もいたり。正直、オシャレか?!と言われると分かりませんが...スケートカルチャーとロスの広大な土地や日本と違う空の色が相俟ったそのスタイルに目を奪われ、ただ単純にかっこいい。それだけを直感で思った事は今でも覚えています。

ブランドは『CARHARTT』や『BEN DAVIS』等、分かりやすいアメリカのアイテム。やはり、自国への愛情なのでしょうか。

toffのセレクトもそうですが、今は日本のブランドとデザイナーさんの宝庫(上から目線じゃありません、、汗)。前述に記載したアメリカに右に倣えではありませんが、とにかく素敵な物が溢れているので日本のブランドで構成したスタイリングは、さしずめ"日本から見たアメリカ"と言ったところ。

このスタイルの利点は、シューズをレザーシューズやサンダルに変更したり、サングラス等のアイウェアーや帽子もハットなのか、CAPなのか。アイテムを変えるだけで分かりやすく世界観の違うスタイルにチェンジ出来るところにあります。

ジャパンブランド、ジャパンクォリティー。日本人は日本人の事を知っている、これは間違いない事実。のはず?!(笑)

G.Wも近づいてきた事ですし、皆様も色々なイメージを膨らませたり、何かに想いを馳せながら思い思いのスタイリングを楽しんでみて下さい。

 

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

Business trip to London

Comment

Business trip to London

3月某日、toffにて…

 

社長&関ディレクター「岡本、お前には一人で海外に行って、100人スナップを撮ってきてもらう。」

岡本「えっ?まじっすか。」

 

めちゃくちゃ面白そうだという気持ちと、初めて一人で海外に行って100人撮れるのかという不安と、チャンスを貰えた喜びとが入り混じって、多分僕は変な顔になって、よく分からない反応をしていたと思います。

 

ということで、突如千尋の谷へと突き落とされた僕は果たしてどうなってしまうのでしょう…。

 

 

こんにちは。

toffの岡本です。

 

さて、ブログの題名でバレバレですが、先週ロンドンへ行ってきました。

それでは早速内容をどうぞ。

 

 

13時過ぎにヒースロー空港着、その後宿に移動。

予算を考えてゲストハウスのドミトリーに宿泊予定だったのですが、ダニが出て虫刺されの被害が発生したらしく、他の部屋を探す羽目に。

幸先が悪いなーなんて思いながらも野宿するわけにもいかないので、結局予算(1泊3千円くらい)よりも高い部屋に泊まることに。

 

その後夕方から行動し、宿から遠くなく、且つ人が多そうなタワーブリッジ周辺を歩きながら探すも…全然撮れないわけです。

まず、声を掛けるのが自分にとって難しく、ああ、英語が伝わらなかったら、変な奴だと思われたら、迷惑がられたらどうしようとグルグル考えながらウロウロしていたので、完全に不審者に見えていたでしょう…。

ダサいなぁと自分でも思いますが、実際そんなもんでした。

 

こんなに何も出来ないのかという情けなさや、思っていたより難しいという焦りもあり、「ヤバい、どうしよう」となっていたところ、広場にて自転車でウィリーして遊んでいる、10代だと思われる3人組のキッズを発見。

4月といえど、個人的にコートはまだ手放せない気温だったのですが…。

彼等は半袖のTシャツでチャリを乗り回していました。

2人は無地TEE、1人はでかでかとアメリカの星条旗プリントが入ったTシャツ。(いい感じにダサい)

暫く座ってどうやって話しかけようか考えていたところ、その星条旗と目が合い、

その瞬間、僕の口から咄嗟にエクスキューズミーという音が出ました。

あ、引き返せない、何か喋んないと。と思いこれまた咄嗟に、「クールだから写真撮らせて欲しい。」と伝えると、一拍置いて笑顔になり、「いいよ。」と。

この時は伝わった喜びとか安堵とかいろいろ入り混じって、とにかく嬉しかったです。

 

その後、ウィリーしてるところを撮りたい、とか、いつもここで遊んでるの?とかジェスチャーを交え会話して、ありがとうって3人と握手して別れました。

 

 

その他の日もイーストエンドのダルストン、ブリックレーン、スピタルフィールズ、ショーディッチ周辺や、

ウエストエンドのサヴィルロウ、SOHO、チャイナタウン、ミュージカル街、

少し足を伸ばしてノーサンプトンのファクトリー(John Lobb、Edward Green、Church's)、

などのマーケットや古着屋、ショップ、レコード屋の周辺で撮っていました。

 

最初は全然撮れず、写真を撮られることに警戒されたり、自分はオシャレじゃないから結構ですという方も多かったですが、明るさと笑顔と熱意を持って接する事で、成功率は上がったように感じます。

 

最初の方は、この人は東京から見てオシャレに見えるかな…とか考えながら撮っていましたが、撮っていくうちに偏って面白くないと思ったのと、

蛍光オレンジの作業着を着ているオッチャンが格好良かったり、

道端に座ってタバコ吸ってるコックや、

気のいいバリスタの何気ない格好、

レコード屋のスタッフの色落ちしまくったデニムシャツが良かったりなどしたので、

徐々にいろんな人を撮りたいと思うようになりました。

 

 

スタイルで気になったのはGジャンの着用率が高かった事です。

Gジャンと5POCKETをデニムオンデニムで合わせるスタイルや、サイズ感もメンズは比較的ジャスト、レディースはオーバーサイズが目立ったり、色の落ちた3rdをビタビタで着て、コーデュロイの濃いパープルのパンツとイエローのTシャツを合わせていたり、バリエーションも多かったです。

また、アディダスのスリーストライプスのジャージパンツに、チェスターなどの綺麗なアイテムを合わせるスタイルや、

サヴィルロウで働く二人組のスーツのバランスが完璧(当たり前かもしれませんが)だったり、

ダルストンのアーティストがしていた、ワインレッドのフェルトキャップにホワイトのレインコート、ホワイトのジャージ、ワインレッドのスニーカーというスタイルや、

ロンドン、ノーサンプトン間の電車にピストを担いで乗ってきた青年の、パープルのTシャツにベージュのチノ、長髪を後ろで束ね、ボストン型のメガネというスタイルなどが印象的でした。

 

 

と、ここまで書いておいてなんですが、実は最終日にカメラを盗られました(笑)(笑えない)

データもパーです。一体何の為に行ったのかと…。

ただの旅行です…。

なのでこのブログの写真はiPhoneで撮ってた数少ない写真を無理やり使っています。

 

諸々気になる方は店頭でお話しします。金曜日とかでも…。

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

CHINO × DENIM #2

Comment

CHINO × DENIM #2

こんにちは。toffの長谷川です。

昨日、こちらでご紹介した『チノ × デニム』の続編。告知したとおり、本日はカーキブラウンバージョンのスタイリングです。

それでは、ご覧下さい。

 

toff, made in gohongi : CHINO CLOTH 3B WORK JACKET / ¥32,000 + TAX-

Corgi : LINEN TUCK PULLOVER / ¥32,000 + TAX-

WESTOVERALLS : 801S(STRAIGHT) / ¥22,000 + TAX-

COMOLI : VACHETTA LAETHER MOCCASINN / ¥48,000 + TAX-

 

テーマは『ストレートデニムが今、新鮮』

ここ最近、緩めのボトムスを穿いている人を良く目にするので、ストレートシルエットが逆に新鮮でいいなーなんて思っていたからか無意識に手に取ってしまいましたが、、このWESTOVERALLS のストレートは、ストレートと言えども適度な大腿の太さと膝下から若干テーパードが効いている為、旬が無くどの時代にどんなシルエットのパンツが流行っても対応可能なとても使い勝手の良い1本。

春を感じさせる色を基調とし、無造作に手に取ったかのようなシンプルなアイテム構成は、このデニムの持つ美シルエットだけでも十分主張があるので、その魅力を活かす為にさらっと合わせる事を心がけています。

お次ぎは。。。

デニムのカラーをチェンジしてみます。

WESTOVERALLS : 801S(STRAIGHT) / ¥19,000 + TAX-

 

シューズとのカラーが統一されているだけに相性も抜群のブラックデニム。グッとまとまり、落ち着いた印象に。

過去にエディースリマンや有名デザイナー達がこぞってブラックデニムを穿いていたのを思い出し、若干懐かしさを感じながらも今、ブラックデニムを穿いている人が少ないので特に気分な長谷川。ある意味ダサいと言うか...カッコイイと言いますか、、そこもまた新鮮。

シルエットやボトムスから着る洋服を決めると、いつもと違うコーディネートが思いついたりするので面白いですよ。色々試して自分だけの組み合わせを見つけてみて下さい。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

CHINO × DENIM

Comment

CHINO × DENIM

 

こんにちは。toffの長谷川です。

唐突ですが、昨日お客様と好きな素材についてお話ししていました。

いきなり聞かれると若干困るものですよね。。。

長谷川はコットンも好きだしウールも好き。よくよく考えると、季節によって好きな素材が違うって事に気が付いたんです(今更ですけど、、)。

でも通年を通して着れるもの、ガシガシ着れるものをtoffに入ってから買ってるような気がしています。

店内を見渡してみると、、そんな素材と気分の物を発見しちゃいました。

と言うわけで、本日から2日間に渡り個人的に好きな(特に夏にこの素材が好きです)チノとデニム素材ににフォーカスをあてたコーディネートをご提案致します。

 

toff, made in gohongi : CHINO CLOTH 3B WORK JACKET / ¥32,000 + TAX-

LIVING CONCEPT : BASQUE SHIRT / ¥6,000 + TAX-

COMOLI : BELTED DENIM PANTS / ¥28,000 + TAX-

 

テーマは『気張らない休日』

ジャケットはタイトに、インナーとパンツは緩めの(ワンサイズ大きめの)メリハリをつけたスタイル。

全てが大きめだと、ただ単に野暮ったい人、、そうなってしまいがちなので、そのバランスに気をつける事に重きをおいています。

カラーはNAVY×WHITEと定番ではありますが、テーマが気張らない休日なので2トーンくらいの控えめに(笑)

NAVYの分量が多めなのでソックスもWHITEを履いて分量の帳尻を合わせると重過ぎる事なく着用していただけます。

今回はラフになり過ぎないように、でも足下を軽めに見せたいので革靴(スリッポンタイプがおススメ)を選んでいますが、スニーカーでも問題無し。個人的にはハイテクよりもローテクやクラシックタイプのスニーカーで合わせるのが好きです(誰も聞いていないですけど。。。汗)。

本日のような日差しの気持ち良い休日に、洋服から見直してリラックスして過ごしてみてはいかがでしょうか。

明日は、チノジャケットのカーキブラウンバージョンをお送り致します。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

AURALEE SELVEDGE WEATHER CLOTH OPEN COLLARED HALF SLEEVED SHIRTS

Comment

AURALEE SELVEDGE WEATHER CLOTH OPEN COLLARED HALF SLEEVED SHIRTS

こんにちは。toffの長谷川です。

AURALEEより新入荷商品が届きましたのでご紹介させていただきます。

この形のアイテムをtoffで扱うの何シーズンぶりでしょうか、、

と、思い出せない程懐かしいそのアイテムはコチラ...

 

AURALEE  : SELVEDGE WEATHER CLOTH OPEN COLLARED HALF SLEEVED SHIRTS / ¥20,000 + TAX-

名前が長過ぎて舌を噛んでしまいそうですが。。。決して名前も名前の長さにも負けていない" AURALEE "のハーフスリーブシャツ。

toffでは無地ではなく、この" GRAY STRIPE "1色に絞って仕入れております(潔しです!)

極細番手のフィンクスコットンを使用しており、旧式のシャトル機でゆっくりと高密度に織り上げたウェザークロス素材に仕上げられています。シャトル機による生地の味や膨らみ、原料による光沢感や肌触りの良さが特徴的な1枚。

そして、(長谷川的に)最大の魅力は、、

オープンカラーならではの襟のシャキーンとした角度やオープンカラーならではのボタンホール。。。

ではなく、、

可動域の広いゆったりとしたアームホールでもなく...

パッと見は袖口や裾、ポケット口が切りっ放しに見えるんですが、、これがまた見事に全てセルヴィッチ(生地の耳の部分)を使用してるって言うんだから、何ともまぁ贅沢な1着なんでしょーか。個人的には、特徴はこれ1択でも良いくらい(笑)

生地の耳でピンと来ない方は、食パンを想像して下さい。当たり前ですけど、パンの耳の量って真ん中の生地より少ないですよね。洋服の生地も一緒なんです。北京ダックの肉を食べないで皮だけ食べる気分です。とても贅沢じゃありませんか??

ゆったりとしたシルエットや程良くリラックス感のある雰囲気、シャツ本来の品の良さと抜け感が上手く調和されたAURALEEらしいアイテム。何とも言えないちょっと不思議な感覚を是非、1度お試し下さい

 

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

Delivery Information

Comment

Delivery Information

こんにちは。toffの長谷川です。

4月27日(木)にCOMOLIが入荷(予定)します。

安心安定のあのアイテムから、いつもとちょっとばかし違う物や新色等々。

これからのシーズンに活躍する物ばかり。

それでは気になるアイテムは...こちら。

 

COL. WHITE

COL. NAVY

COL. BLACK

URAKE SHORT SLEEVE CREW / ¥16,000 + TAX-

 

COL. BLACK × ECRU

COL. NAVY × GREEN

COTTON BORDER SHORT SLEEVE CREW / ¥16,000 + TAX-

 

COL. BEIGE

COL. NAVY

COL. BLACK

BELTED CHINO SHORTS / ¥26,000 + TAX-

BELTED DENIM SHORTS / ¥26,000 + TAX-

 

 

新色のBLACKカラーのアイテムやピッチの広いボーダーのカットソーが登場です。

LOOKを見て、入荷を心待ちにしていらっしゃった方も多いのではないでしょうか。

COMOLIのBLACKアイテムは個人的にも気になる存在。

G.W中は大概暖かい日が続くので、今から活躍の予感しかありません。

入荷まで、あと少しです。

詳細は、入荷したその後で、、

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

TODAY'S SET UP STYLE

Comment

TODAY'S SET UP STYLE

こんにちは。toffの長谷川です。

なんともざっくりとしたタイトルですが、、単純にセットアップを着たくなる時ってありませんか?

長谷川はなかなか着る機会が少ないので意識的に、今日はセットアップの気分!みたいな感じで選びがちです。

サラリーマンの方達は毎日着ているから、あまり...って声も聞こえそうなモノですが、カジュアルなセットアップならいかがでしょう。

気張らず、リラックスして着れるこんな装い。。。

 

COMOLI : BETACHAM SHIRT JACKET / ¥36,000 + TAX-

Corgi : LINEN TUCK PULLOVER / ¥32,000 + TAX-

toff, made in gohongi : MARUDOU POCKET TEE SHIRT / ¥6,000 + TAX-

COMOLI : BETACHAM TAPERED PANTS / ¥32,000 + TAX-

 

テーマは『本日のセットアップスタイル』
 

洗いざらしの自然体になれそうなCOMOLIならではの風合いとベタシャンの通気性が今の季節にちょうど良く、日差しの気持ちいい日に心地よく着用出来る事に重きを置いたスタイリング。

無地のTシャツを合わせてニットを肩から掛けるくらいのヌケを狙っても、NAVY × WHITEがベースだからTシャツでもクリーンかつ大人っぽいし、ラフ過ぎない。カッチリなシャツも良いけど、こ慣れ感が出るクルーネックを選択する事でカジュアルダウンし、セットアップでありながら程よく頑張り過ぎていない印象を与えてくれます。

ミニマルな着こなしこそ、素材の良さが際立って見える。爽快な着心地が魅力的な素材の特徴を多分に引き出したセットアップだからこそ出来る今時期に適した着こなしです。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

MARINE & RAIN STYLE

Comment

MARINE & RAIN STYLE

こんにちは。toffの長谷川です。

昨日のこちらに引き続きDESCENTE ALLTERRAINにフォーカスをあててスタイリングをご提案させていただきます。

 

DESCENTE ALLTERRAIN : INNER SURFACE TECHNOLOGY ACTIVE JACKET / ¥59,000 + TAX-

toff, made in gohongi. : GOHONGI GINGHAM CHECK REGULAR COLLAR SHIRT / ¥18,000+TAX-

toff, made in gohongi : DRAWCORD SWEAT TROUSERS / ¥20,000 + TAX-

COMOLI : VACHETTA LAETHER MOCCASINN / ¥48,000 + TAX-

テーマは『MARINE & RAIN』

撥水機能を持つオルテラインのアウターをヨットパーカーに見立てギンガムチェックとモカシンシューズで海を連想させたtoff的なマリンテイスト。

軽量で汎用性に秀でたアクティブシェルジャケットは、耐水性、防風性、透湿性に優れストレッチ性も高いので非常に快適で動きやすさを備えた1着。ジャケット内側のベンチレーションや、衣服内の温度と湿度を快適に保つため、熱のこもりやすい箇所にベンチレーションを配置し、ウエア内の熱をジャケットサイドジッパー部分から外に逃がすことが可能だったりと、本格的なアクティブシーンはもちろん、アウターとして日常でも快適に着用できる全天候対応なまさに機能美と呼ぶにふさわしいアイテムなんです。

なので、、、

このスタイル、雨の日にも最適なのでレイニースタイルや自転車乗る方等、タウンユース派にもイチオシです(やっとテーマと繋がりました...)

パンツもジャージなどのスポーツウェアに使われていることが多く、軽量で柔らかく耐久性も高いという特徴を持った素材。美シルエットのスウェット感覚で着用出来ながらもリラックスして穿けるこの感覚は、タウンユース日常着でも自宅でも。家庭での洗濯もOKなので使い勝手としても◎

天気が良くても悪くても、天候に左右されずにオシャレはしたいし、出来れば汚れなんかも気にしたくない。着ていて蒸れない方がいい。それがデザインとしての機能性だとしたら。。。解消されるとすれば、、最高ですよね。

それを集約したデサントオルテラインでアクティブに過ごす休日なんていかがでしょうか。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

SPORTS MIX STYLE

Comment

SPORTS MIX STYLE

こんにちは。toffの長谷川です。

気温20℃超えが続いている東京。

こうなると巷の人々の装いもすっかり薄着に。

早い人は半袖にショーツ。。。夏先取りの方もしばしば見かけます。

個人的には暑くてもまだ我慢ですが、暖かくなるといつも以上に楽で動きやすくガシガシ着れるけど、だらしなくならない格好をしたくなる症候群に陥ります。

何かないかなーと店頭を見渡すと、、発見しました!

前から気になってはいましたが改めて見るとやはりデザインや機能性、使い勝手の良さは抜群なんです。

なので、個人的に今(今更?!)気分のデサントオルテラインのあのアイテムにフォーカスを当てて2日間、こんな感じで着たいなあーってコーディネートを(勝手に)提案させていただこうと思います。

それでは、ご覧ください。

DESCENTE ALLTERRAIN : INNER SURFACE TECHNOLOGY ACTIVE JACKET / ¥59,000 + TAX-

AURALEE : STAND UP TEE / ¥15,000 + TAX-

toff, made in gohongi. : DRAWCORD WOOL SLACKS : ¥22,000 + TAX-

 

テーマは『スポーツ×トラッド』

全体的にカジュアルなアイテムをスラックスでハズした大人のカジュアルダウンスタイル。

このコーディネートにスラックス?!と思われるかもしれませんが、toffのスラックスはウエストのゴム仕様やドローコード付きのイージータイプ。スポーティーな要素を持ち合せているので、計算された遊び心を加えつつもコーディネートとしてまとまりと落ち着きを与えてくれます。

個人的には無地を選ばずに、あえてピンストライプを選んでいるところが肝となるポイントなんですけど(分かりにくくてすみません...)そのへんは皆様のお好みで。

また、高機能が故にギアとして扱われがちなオルテラインのシェルジャケットも、ジップを閉めてスラックスに合わせる事で綺麗目に。

ジップを開けた時はスウェットに見立てたAURALEEのスタンドアップTが繋となり、よりスポーティーな印象を与え違う世界観を演出してくれます。適度なダサさとアクセントをつけたい方タックインなんかしちゃったり、、

レザーのブーツでもまとまるスタイルですが、デザイナーズっぽくなり過ぎないように今回はスニーカーで。でも品は損ねたくないので素材はスウェードをセレクトして足下にある程度の重さを出す事でスラックスが浮かないように帳尻を合わせています。

あくまでも、日常着として使いやすく動きやすを求めたスタイリングです。

 

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

FRENCH BLUE STYLE

Comment

FRENCH BLUE STYLE

こんにちは。toffの長谷川です。

4月も残り半月。つい先日、桜が咲いたばかり...。なんて思っていたものですが、気が付けばあっという間に葉桜ですね。すっかり春めいて来た事ですし、春っぽいコーディネートの提案をさせていただこうかと思います。

 

COMOLI : SILK BAND COLLAR SHIRT / ¥28,000 + TAX-

BLACK & BLUE : ENGINEER COAT / ¥24,000 + TAX-

toff, made in gohongi. : DRAWCORD WOOL SLACKS : ¥22,000 + TAX-

テーマは『フレンチワークとトラッドの融合』

春を意識した爽やかなカラ—リング。

しかし、それのみで構成すると全体的に淡くぼやけてしまいがちなので、締めるところは締める。全体的なトーンに対してブラックだと締まり過ぎて浮いてしまう恐れもある為、それよりも柔らかいネイビーが必要不可欠。

オーバーサイズと緩いシルエットには着丈の長い物が似合います。【COMOLI】らしいゆったりとした形とロング丈は、一枚でサラッと着たときの雰囲気も抜群に良いですが、今回はエンジニアコートとロングシャツにスラックスというフレンチワークにトラッドを組み合わせたスタイリング。と言いながらフランス製が一点もないのでSTAFF岡本の私物のパラブーツを履いてもらっているのはご愛嬌。。。(笑)

一見土臭いかと思いきや、各ブランドそれぞれの元ネタがありながらも洗練された印象のアイテムは野暮った過ぎず、クラシックでありながら今を感じられるちょうど良いバランスに仕上ります。

たまには、色から構築するコーディネートをしてみてはいかがですか?

 

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

Event Information

Comment

Event Information

こんにちは。toffの長谷川です。

いつも、1週間前の告知でタイミングが合わないとお客様からの声がありましたので。。。忘れないうちに?!今回は2週間前からの告知をさせていただきたいと思います(大分、気が早いかもしれませんが、、笑)

この、くだりで理解していただけたお客様はかなりのtoff通である事は間違いない訳で...。

分からない方は、このBlogを是非ご覧いただきたいと思います。

毎月、最終金曜日に行っている" gohongi Friday "も今回が、3回目の開催となります。

初めて知った方は" gohongi Friday "って??ですよね。

説明するとtoffでドリンクを提供させていただき、ゆっくりと過ごしていただきながら色々な方達と交流を深めてもらうイベント...と言う名の宴です。

ジャンル、職種問わず様々な業界の方達に足を運んでいただけたら幸いです。もちろんヤングジェネレーションも大歓迎!しかし、アルコールは20歳を超えてからですよ(CMみたいですみません。。。)

洋服屋の中で、しかもオフィシャルで飲めるのはレセプションパーティーや周年のイベントが大半だと思います。関係者以外、来場できない。なんて堅苦しい場にはしたくないので、定期的に行うこういう場はある意味珍しいかと思います。しかも、22時までなのでお仕事帰りの方もお休みの方もお気軽に遊びに来ていただけます。

洋服屋の中で飲む中々無いこの機会を是非、経験しにいらして下さい。

そして、長谷川と岡本両名と乾杯&わちゃわちゃしていただければ幸いです。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

以下、詳細です。

--------------------------------------------------------------------------------------

【gohongi Friday】

<DATE>

2017.04.28(Fri.)

12:00~22:00

<PLACE>

1F watanabe Bldg. 2-52-11 gohongi meguro-ku Tokyo

<TEL>

03-3711-7795

--------------------------------------------------------------------------------------

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店をSTAFF一同、心よりお待ちしております。

 

 

 

Comment

toff, made in gohongi. MARUDOU POCKET TEE SHIRT

Comment

toff, made in gohongi. MARUDOU POCKET TEE SHIRT

こんにちは。toffの長谷川です。

本日、ご紹介するのはtoffの定番アイテムでもあるオリジナルのポケットTシャツ。

何故、今このアイテムを紹介するのか、、理由は単純明快。

長谷川がそろそろ買い足すから。。。では無く、好きだから。

思い返すと、、アメカジ好きかアパレルの人間ばかりが着ていたポケットTシャツ。今ではすっかり市民権を得てよく見かけるようになりました。以前、働いていたお店では世界最高のアンダーウェアーと呼ばれていたブランド"◯ood Wear "が凄い勢いで売れていた気がします。値段も安く、別注で作っていたからなんでしょうけど…。ポケT好きの長谷川もお洒落かダサイかの紙一重のカラーをあえて選んで着ていましたが、その当時は正直ポケットTシャツがこんなにも世に普及するとは予想もしていませんでした。

色々なブランドのポケTを着用してきましたが、今ではtoffのポケTを半年に最低1枚は必ず購入に至る程、個人的にも気にいっているアイテムでもあります。

では『toffオリジナルのポケットTシャツ』の魅力を今日はお話したいと思います。

toff, made in gohongi : MARUDOU POCKET TEE SHIRT / ¥6,000 + TAX-

 

リーズナブルではありますが、侮るなかれ...ボディーに丸銅というヴィンテージや◯ood Wear、◯elva Sheen等のアメリカ老舗系Tシャツに見られる製法にて作製し、綿糸(綿の繊維を紡いで糸にすること)による縫製、カラ—展開の豊富さ、適度に肉厚な生地に程よく詰まったネック、ややルーズなシルエットにあえて斜行を加えたデザイン、世界三大コットンの1つでもあるスーピマコットンのしなやかな着心地、そして吸湿性。

ざっくり言っても、これだけの要素を挙げられるTシャツはあまり無いような気がしています。

詳細はこちらをご覧いただければ、分かっていただきやすいかと思います。(←以前、一生懸命書いたアピールです笑)

このような経緯のもと(上のリンクをご覧いただいた前提ですが、、)様々な要素を加え、ある程度の時間をかけて馴染ませたような独特の雰囲気や豊かな表情が特徴的なT-SHが完成しました。

続いて、着用写真のご紹介にうつりたいと思います。

着用しているポケTは長谷川の私物(購入7ヶ月目)

ネックは適度に広がるものの、襟ぐりのリブが一般的なTシャツに比べて細いので、野暮ったく無くビロビロに伸びてだらしなくなっていません。ここからまた、更なる経年変化もお楽しみ頂けるので、是非自分だけの1着を作製してみて下さい。

 

今、世の中にはファッションアイテムが飽和しています。私たちが日常的に着ているもので、もっともポピュラーなアイテムと言えば、Tシャツではないでしょうか?

周りを見回せば、季節や老若男女を問わずTシャツを着用している人をすぐに見つける事ができると思います。たかがTシャツ、されどTシャツ。直に体に触れる物だからこそ着心地抜群の商品を選んでもらいたい。そんな想いを込めて作られたtoffのポケットTシャツは1枚でもインナーとしても大車輪の活躍をみせてくれるはずです。

他の洋服に比べると疎かにされがちで拘りや譲れないポイントは十人十色だと思いますが、デザインを含め個人的には偏り過ぎず丁度いいバランスの一枚だと思っています。

これから、Tシャツを購入しようと考えられている方や探されている方、toffのポケットTシャツを選択肢の一つに加えて頂ければ幸わいです。

 

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

Gohongi GINGHAM CHECK REGULAR COLLAR SHIRTS

Comment

Gohongi GINGHAM CHECK REGULAR COLLAR SHIRTS

こんにちは。toffの岡本です。

すぐブログをサボるので、居るのか居ないのか分からないという説もありますが、ちゃんと居ます…。

さて、先月の春雷に始まり、容赦なく襲ってくる花粉や、桜色に染まった目黒川や、暁を覚えない春眠など、春らしさをそこかしこに感じられるようになって参りましたが、今日は個人的に春らしいなと思う洋服を一着ご紹介します。

 

toff, made in gohongi. : Gohongi Gingham Check Regular Collar Shirts / ¥18,000+TAX-

 

toff定番のレギュラーカラーシャツ。この季節のシャツはそうですが、特にこんなブルーのギンガムチェックは暖かくなってくると着たくなるアイテムではないでしょうか。

 

クラシックな柄ではありますが、細めに設定された前立てやコンパクトな襟、若干短めの着丈という形はモダンな印象。また、剣ボロ開きの負荷が掛かりやすい部分は閂で補強してあるなど、細かい配慮がなされています。

 

柔らかく程よい光沢がある、ドレス寄りな印象の100双のギンガム生地を使用していますが、ドレスに寄りすぎず、カジュアル過ぎずなバランス。

そして、ポケット裏にはtoffのシャツの特徴であるペンやメガネを挿せるループを配置。

 

メガネやサングラスを胸ポケットに入れたまま、ふと屈んだら落ちてしまった…なんてことは案外よく起こります。そんなテンションが下がる確率を軽減してくれるのがこのループ。

とは言え100%防いでくれる訳では無いので油断は禁物ですが、有るのと無いのでは安心感が全然違います。

言われないと分からない程さりげなく付いているので邪魔にならず、気の利いた遊び心として楽しんで頂きたいディテールです。

 

 

パッと見はいたって普通のシャツですが、こういうのが一番使えたりするので是非ワードローブに加えてみて下さい。

可愛い印象になりがちなギンガムですが、渋い大人が着ているのも素敵だと思います。

是非洗い晒しで、小ジワなんかも残したままどうぞ。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

Comment

COMOLI SILK BAND COLLAR SHIRT

Comment

COMOLI SILK BAND COLLAR SHIRT

こんにちは。toffの長谷川です。

本日も、COMOLIよりシルクシャツシリーズのご紹介です。

昨日のこちらと違うのは柄と生地。

それでは、早速ご覧下さい。

COMOLI : SILK BAND COLLAR SHIRT / ¥28,000 + TAX-

 

ライトブルーのストライプに清涼感を感じるこちらのバンドカラーシャツは、シルク100%の生地を使用しており、上質な光沢感と表面のシワ感がマッチした抜け感を演出。ストライプの柄に沿って畝があるのも特徴的。一度水通しをしているので独特の表情と佇まいの一枚に仕上っています。

このようなカラーリングのストライプもコモリでは珍しいかもしれませんね。個人的には渋い...という印象です。

広めの肩や身幅から生まれるゆとりと、動きの中から生まれるシルク特有のドレープに軽くて滑らかな柔らかい生地が相まって、フワッとした空気をふくんだような形を形成。COMOLI らしいリラックスした分量感が素材によって強調されたアイテムになっています。

シルクは人間の肌に一番近く最も相性のいい素材と言われており、それもあって高級なパジャマにも使用されます。吸水性、速乾性も高いのもその理由。本日のような雨の日のファツションに実は最適なんです。

様々なアイテムとのレイヤードが楽しめる汎用性の高さはもちろん、一枚でもサマになる着回しのきく一着。まだ肌寒い今のシーズンには、ジャケットなどのインナーに合わせていつもの洋服と雰囲気を変えて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

COMOLI  DOT COMOLI SHIRT

Comment

COMOLI DOT COMOLI SHIRT

こんにちは。toffの長谷川です。

以前、こちらで告知していたCOMOLIの新入荷アイテム。

入荷から若干、時間が経過してしまいましたが(すみません。。。汗)

本日はCOMOLIの中で初となる柄、ドットのシャツをご紹介させていただきたいと思います。

 

COMOLI : DOT COMOLI SHIRT / ¥26,000 + TAX-

定番でもあるコモリシャツがコットン65%、シルク35%の新素材と柄でアップデート。

定番のシャツも生地が変わると新鮮な印象になりますよね。

ちなみに、COMOLIのストライプ以外の柄(昔、小紋柄もありましたが、、)が珍しいので。。。デザイナーの小森さんに聞いてみました。

返答はこちらです。。。

『無地の物が続くと柄や、色を入れた物が作りたくなってきたんですよ』との事でした。

上記の気分?!から生まれたのが、このベージュ×ネイビーのドット柄。落ち着いた配色と細かな柄使いにより、合わせ易いドットシャツに仕上げられているのは、さすがの一言。

全体的な落ち感とゆったりした印象やドレープ感は健在。今までのCOMOLIに無い軽い着心地も◎

定番のコットンタイプの物とは違い、シルクならではの光沢や滑らかな肌あたりの良さがより上品な空気感を感じとっていただけます。

また、シルクの特徴でもある暖かい時期はベタつかず着易く、寒い時期はほんのり暖かいタッチで肌を包む機能性の高い生地。コットン混紡素材なので自宅で洗濯できる事は何よりも嬉しく、シーズンを気にせずデイリーに着用していただきやすい1枚です。

柄のシャツが少し苦手で、無地のシャツを好んで着ている方は是非1度、袖を通してみて下さい。これまでとは違ったスタイルが作れそうな期待感や魅力にきっと気がついていただけるかと思います。

今年の春夏の装いにシルクを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

PREPPY STYLE

Comment

PREPPY STYLE

こんにちは。toffの長谷川です。

2日間に渡ってお送りしましたtoff的、お花見スタイルいかがでしたでしょうか。

2日間と言いながら、実はもう1ネタありまして...番外編と言うか白のポケTとどちらを掲載するか悩んでいたコーディネートなんですが、、

最近自宅の衣替えを行っていたらフランス製の最初期のラコステのポロシャツが何枚か出てきて、それを見たせいかポロシャツが妙に気になっていまして。。。

正直、昨日ご紹介させてもらったコチラのスタイリングのインナーを変えただけなんですが、全然違う世界観とテーマなのでどさくさに紛れてご提案させていただこうと思います。

【CREDIT】

AURALEE : FINX SILK CHAMBRAY JACKET / ¥42,000 + TAX-

AURALEE : HIGH GAUGE PIQUE DOUBLE CLOTH POLO / ¥14,000 + TAX-

AURALEE : FINX SILK CHAMBRAY EASY PANTS / ¥28,000 + TAX-

COMOLI : VACHETTA LAETHER MOCCASINN / ¥48,000 + TAX-

 

インナーをポロシャツに変更し、ジャケットのシルクとポロシャツの世界3大コットンのスヴィン(インド)を組み合わせた素材に拘った上品な佇まいと高級感が魅力の" プレッピースタイル"

春夏になると、たまーにプレッピースタイルを取り入れたくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はどちらかと言えば、お花見の後、急遽何処かに食事に行くと決まってもこの装いなら何とかなるお花見のアフタースタイルをイメージしています。

ポイントは、全身ネイビーに対して1点だけ取り入れたブラックのモカシンとパンツの丈。レザーアイテムを加える事で高級感とコーディネートに奥行きをもたせ、スッキリとしたシルエットとシューズを綺麗に見せる為に、冒頭でも記載した(リンク貼ってるヤツです)白Tスタイルよりも2cm程度ウエストを上げてメリハリを効かせて穿いています(ドローコード&ゴムは付きは、このような時にも非常に便利です)

もっと春っぽい色の方が分かりやすいとは思いますが、ここは敢えてのダークトーンでシックに大人の渋さを求めてみました。

結局このセットアップありきなので、昨日の"セットアップはお好きですか?"の前後編みたいな感じで書き綴ってしまいましたが...脱いだ時にも清潔感のあるポロシャツは夏の強い味方。絶妙なサイズ感としっとりしていて肌触りの良さをとにかく店頭でお試しいただきたい限りです!

皆様は襟無しのポケTスタイルと襟付きのポロシャツスタイル、どちらがお好みでしたでしょうか。インナーを変えるだけで気分も表現する方法も変わる。安物買いの銭失い、、とまでは言いませんが、やはり上質な定番アイテムはどんな時代に何が流行っても普遍的に使い続けられるのが最大の魅力ですよね。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment