Delivery Information

Comment

Delivery Information

こんにちは。toffの長谷川です。

ここ最近めっきり寒さも増し、しかも今週のほとんどは雨の予報が出ております。。。

巷ではハロウィンの準備で盛り上がりを見せているところですが、温かい格好を忘れず風邪を惹かないように注意して下さい。

さて、温かい格好と言えば洋服業界的にはニットやコートの重衣料的なモノを指すのですが、時期的にもちょうど良いタイミングでそれらのアイテムがCOMOLIから入荷する予定です。

 

LAVENHAM別注オーバーコート / ¥62,000  + TAX-

SIZE : 1 , 2 , 3

COL. BLACK 

 

乗馬ジャケットやサラリーマンのスーツ上によく着用されている、トラディショナルなブランドでも有名なLAVENHAMとコラボレーション。

個人的にも欲しいこのアイテム、展示会の時から狙っていました。。。(笑)

絶妙なサイズバランスを是非、感じていただきたい一品です。

コットンギャバジン タイロッケンコート / ¥108,000- + TAX-

SIZE : 1 , 2

COL. KHAKI

 

このアイテムに説明はいりますか?

COMOLIの代表格、タイロッケンコート。

世代を問わず着ていただけるのが何よりも魅力。

次世代にまで受け継がれていくであろう名品です。

BLACK SHEEP別注ガンパッチニット / ¥32,000 + TAX-

SIZE : 2 , 3

COL. BLACK

 

まさに、今着たい。

そう思わせる1着はBLACK SHEEPに別注したモデル。

同色のBLACKのスウェードが洗練された大人の印象を与えてくれる事でしょう。

 

気になる入荷予定日ですが、10月19日(木)となっております。

詳細はまた後でBlogに記載しますが、既に入荷待ちのお客様もいらっしゃるので、争奪戦が予想されます。

皆様、お楽しみに!

 

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

DAY AND NIGHT DOWN JACKET STYLE #2

Comment

DAY AND NIGHT DOWN JACKET STYLE #2

こんにちは。toffの長谷川です。

寒いですね、、という言葉が適した気温になってまいりました!

しかも雨ですけど...

昨日のこちらのBlog、toff的ダウンジャケットスタイル(そんな表題ではありませんが、、)はお読みになっていただけたでしょうか。

もうちょっとでダウンの着れる季節が到来しそうな気配もありながら、本日は続編となる夜のダウンジャケットスタイルをご提案させていただきます。

袖は、、

手の甲まで覆う袖は斜めにカッティングされているだけでなく、デザインを邪魔する事のないライニングの袖リブが冷気の侵入をシャットアウト。

締め付けも少ないのでストレスもなく良い感じです。

シルエットやデザインもそうですが、このダウンの特筆すべきところは、なんと言ってもBoaクロージャーシステムが搭載されている点。

ちょうどウエストくらいの位置に付いているボタンの倍以上ある大きさのBoaダイヤルをくるくる回せば。。。ほぼシルエットに影響を及ぼさずに、内側のみでウエスト周りのフィッティングを調整し保温性を高める事が出来る画期的なシステムを用いています(意味も無く回したくなってしまいますが、、)

夜のスタイルのテーマは『カジュアルアイテムの中に艶感を』

ダウンやローゲージニットという肉厚なアイテムを使用しているので、パンツは細身の物を選びボリュームの調節を行う事でシュっとしているように見せています。もちろん、全体をブラックで纏めているのもその1つの理由。

カラーの話しをするとすれば、シューズのウェルトに合わせてインナーのブラウンを挿し色にしている事もポイント。COMOLIのブラウンのニットは、よーく見てもらうとベージュっぽい糸も混紡されているので、シューズとのバランスが取りやすいんです。

 

ポップなカラーリングの昼の部と、シックな色使いが大人の落ち着きを感じさせる夜の部の二部構成でご紹介してきましたが、どちらがお好みでしたでしょうか。

アメカジやガチのアウトドアテイストに飽きがこられた方は、スタイリングの参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

DAY AND NIGHT DOWN JACKET STYLE

Comment

DAY AND NIGHT DOWN JACKET STYLE

こんにちは。

そろそろ冬のアウターは何にしようかな?!と考え始めているtoffの長谷川です。

いつも買えないからダウンも気になっている現状、思い返せば先日、入荷した水沢ダウンの"マウンテニア"があっという間に旅立ってしまったのも記憶に新しいところ。

皆様、先物買いが早いですね。。。

そして、昨日こちらでご紹介したNEWモデルが入荷し、テンションも上がり始めた次第です。

そこで、本日は前回のマウンテニアの教訓を活かして無くなる前にコーディネートをご紹介してみようと思います(ただ着たいだけという噂も、、)

個人的にダウンって昼と夜だったりシーンによって着こなしが変わるような気がしていまして...(思い込みかもしれませんが)

長谷川が着るならこんな感じかな...と、今の気分でスタイリングを組んでみました。

 

DESCENTE ALLTERRAIN : MIZUSAWA DOWN JACKET "RESILIENT" / ¥118,000+TAX-

AURALEE : SUPER KID MOHAIR KNIT P/O / ¥32,000 + TAX-

COMOLI : MOLESKIN BACK STRAP PANTS / ¥36,000 + TAX-

BUDDY OPTICAL : WISCONSIN / ¥23,000 + TAX-

 

秋冬は単色で暗めになりがちなので、明るめのカラーを使ったコーディネート。

落ち着かせた色も魅力はありますが、ちょっと飽きてきた感も否めないのでカラーと全て異なった素材で遊んでいます。

昼の部?!という事で、ちょっとポップな印象にしたかったのですが。。。

何か1人アウトレイジみたいになってしまったのはご愛嬌(笑)

よりカジュアル感を演出する為に、襟に収納されているフードを出しているのもポイントです。

ついでだから、かぶってみましょう。

すっぽり覆える程のゆとりあるフードは、コンパクトにたたみやすいように薄手です。

肉厚に見えるボディーに対して、薄手のフードのバランスっておかしいかな?!と思っていましたが、意外にもと言うと失礼かもしれませんが、違和感を感じる事はありませんでした。

これで見た目だけでなく雨風も平気ですね。気分で出し入れして表情を変えてみて下さい。

ギアとしても、ファッションとしても機能美を集約したDESCENTE ALLTERRAINは、似よりのアイテムや沢山のモノがありふれている中で存在感や着用した時に分かる特別感は希有なものだと思います。

言葉では伝わらない、その良さを是非感じてみて下さい。

明日は夜のダウンジャケットスタイルをお送りします。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

DESCENTE ALLTERRAIN MIZUSAWA DOWN JACKET "RESILIENT"

Comment

DESCENTE ALLTERRAIN MIZUSAWA DOWN JACKET "RESILIENT"

DESCENTE ALLTERRAIN : MIZUSAWA DOWN JACKET "RESILIENT" / ¥118,000+TAX-

 

こんにちは。

toffの岡本です。

 

夏かというくらい暑くなったり、かと思えばコートが必要な程寒くなったりで不安定な気候が続いている東京ですが、いかがお過ごしでしょうか。

周りもちらほら体調崩している人が多いので、皆様もお体にはどうぞお気をつけください。

 

さて、こちらでご紹介して瞬く間に完売したALLTERRAINの水沢ダウン"MOUNTAINEER"。

今回、同じく水沢ダウンの新型"RESILIENT"が入荷しました。

 

このモデル一番の特徴はBoaクロージャーシステムが採用されている点。

サイドにあるBoaダイヤルをカチカチと回して頂くと、シルエットはほとんど変えないまま、内側のフィットをお好みで調整できるという画期的なシステム。

暑い時はゆるく、寒い時はフィットさせ冷気の侵入を防ぎ、効率よく保温性を高めることが可能です。

こういったギア的要素に惹かれる方も多いのでは…。

 

また、MOUNTAINEER同様フロントジッパーは2列になっており、そのジップの間にメッシュ生地を使用することでベンチレーションの機能を持たせたデュアルジップベンチレーションを採用。

衣服内の不快な熱や湿気を逃がすことが可能です。

 

 

フードは収納式になっており…。

襟のジッパーを開けて頂くと登場します。

フードが収納可能なので、パーカなどのフード付きのアイテムを中に重ねることが出来、合わせるアイテムで表情を変えられる汎用性の高さも魅力かなと思います。

 

 

個人的感想ですが、MOUNTENEERに関してはジップを開けているより閉めている時の方が断然格好良く、このRESILIENTに関しては開けても閉めても良い形だと思っています。

 

袖口もALLTERRAINらしい立体的なカッティング+肌触りの良いリブ。

 

脇周りのパターンも腕が垂直に上がるように作られているので、非常にストレスが少ない着心地です。

 

この他にも、表地は耐水性と透湿、防水性、ストレッチに優れた2層素材SAITOS MATTE FLEX 2Lを採用。

水沢ダウンならではのステッチを極力排した表面と相まって、高いパフォーマンスと耐久性を誇ります。

 

…などなど、語りどころの多いアイテムなのですが、とりあえずモノ自体に説得力があるので一度着てみてください。

技術、デザイン、クオリティが3拍子揃い、冬はこれがあれば最強だと思わせてくれるアイテムです。

その無敵感を是非味わってみてください。

 

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

ANDERSEN-ANDERSEN KNIT OF VARIOUS KINDS

Comment

ANDERSEN-ANDERSEN KNIT OF VARIOUS KINDS

こんにちは。

毎年この時期になると、ニットが気になってしまうtoffの長谷川です。

toffの店内もニット率が高くなってきており、モヘアー、メリノ、アルパカ、カシミヤ、、は完売してしまいましたが様々な種類のニットが入荷しております。

そんなこんなで、今日はニットが気になる長谷川が得意の独断と偏見で選ぶネイビーカラーのニット(1ブランドだけですが、、)あれこれをご紹介致します。

まずは、こちらから、、

 

 

ANDERSEN-ANDERSEN : THE NAVY CREWNECK / ¥42,000 + TAX-

男は黙ってシンプルなモック、、ではなくクルーネック。

1枚での存在感は言わずもがな、アウターやジャケットのボリュームに負けないインナーとしても使い勝手の良さは秀逸。

これさえあればマフラーいらず?!

toffで合わせるお勧めのアイテムこちら。

 

COMOLI : MELTON SMOKING JACKET / ¥62,000 + TAX-

襟の開いたジャケットとニットのネックの高さのバランスの相性の良さをご堪能下さい。

 

 

ANDERSEN-ANDERSEN : SKIPPER JACKET / ¥55,000 + TAX-

個人的にアンデルセンの中で1番お勧めなのが、このニット。

カーディガンと呼ぶには単純過ぎる、これはもはやブルゾンといっても過言ではないと思います。

toffでちょい足しするならこちらの小物。

 

 

MELT : CHAMPA / ¥27,000 + TAX-

インナーがカットソーでもシャツでもMELTを加えるだけで高級感と上品さを兼ね備えます。巻くのもアリですが垂らすだけ、、のちょっと大人でイタリア人風な伊達男に寄せて着たい時にはもってこいだと思います。

 

 

ANDERSEN-ANDERSEN : THE NAVY FULL ZIP SWEATER / ¥58,000 + TAX-

前述のスキッパージャケットもそうですが、今期のtoff初めて取り扱う事になったモデル。

仕入れのきっかけは、、岡本が某ブランドのディレクターの方が似よりの物を着ているのを見て格好良かったからだそうです。マルタンマルジェラの時代にも似たようなドライバーズニットがあり、それも素敵でした。それがあってかなかったかは分かりませんが、仕入れに至ったようです。

ダブルジップ、サムホール、ハンドウォーマーポケット等のディテールをシンプルなニット落とし込み機能性とデザイン性をもたらしたところが良いですよね。5ゲージの厚めのニットでこ綺麗に着るよりガシガシ着れる感じも個人的には好きです。

toff的な着こなしはこちら。

 

 

DESCENTE ALLTERRAIN : H.C.S DOWN VEST / ¥25,000 + TAX-

ジャケットと合わせるのは定石ですが、toffは?!(長谷川的には。。。)こちらのベストで合わせたい気分。スポーツをイメージしながら、着丈の長短のバランスで遊ぶ。そんなスタイリングをイチオシさせていただきます。

 

最近、ニットをスウェット感覚で着たりユルめに着たりするのが好きなので、アンデルセンの肉感や丈夫さが堪りません。様々な型があるので選ぶ側も着こなしの幅が広がるので面白いと思いますよ。

見るより着た方が、その良さが伝わるので是非、1度袖を通してみて下さい。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

Online Information

Comment

Online Information

こんにちは。toffの長谷川です。

爽やかな秋晴れが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

秋色も日ごとに深まり、そろそろ紅葉も見頃となってくるシーズンですね。

さて、先週こちらでもご紹介したtoff Online更新情報に引き続き、今週も商品をUPしております。

紅葉シーズンに使える物から、冬を睨んだコートまでございますのでこの機会に是非、御利用下さい。

 

AURALEE : BEAVER MELTON P-COAT / ¥87,000 + TAX-

 

当店でも人気のCOMOLIやAURALEEを中心とした更新となっていますが、紅葉シーズンに使える物から冬を睨んだコートまでございます。

リアルタイムの即戦力をお探しの方や先物買い等、この機会に是非、御利用下さい。

 

 

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

AURALEE BEAVER MELTON P-COAT

Comment

AURALEE BEAVER MELTON P-COAT

AURALEE : BEAVER MELTON P-COAT / ¥87,000+TAX-

 

こんにちは。

久し振りにP-COATを着たくなったtoffの岡本です。

 

今期もAURALEEのコートはどれも魅力的で、扱いたいものが多く非常に困りましたが、toffでは特に良いと感じたものを絞ってオーダーしています。

 

さて、今回入荷したPコートですが、まず目を惹くのは生地でしょうか。

生地からデザインするAURALEEならではの絶妙な色の出し方。

加えてSUPER SOFT BEAVER MELTONと名付けられた、上質な極細繊維のスーパー100’s原料の中でも特に柔らかい原料を使い、高密度にしっかりと打ち込んで二重織りのメルトンに織り上げ、表面にビーバー起毛をした素材を使用することで、ハリがありつつカシミヤのような肌触りや光沢感を実現しています。

Pコートはヘビーなガシガシ系のメルトンのイメージが強いと思いますが、是非触ってみて頂きたいです。

これでウール100%か…と驚いて頂けると思います。

非常にしなやかで軽く、Pコートのイメージを覆されるのでは…。

柔らかすぎる原料なのでそのままでは織れず、糸に水溶性ビニロンを巻いて、織り上げた後に溶かすという手間のかかる工程を経て完成されるこの生地からは、モノづくりの奥深さやブランドの技術力の高さを思い知らされます。

そんな生地をたっぷりと使いAURALEEらしいビッグシルエットに仕立てられていますが、迫力がありつつも上品で美しい落ち感が出るそのバランスは、形と生地のマッチングが非常に上手いからでしょう。

また、メルトンのコートにありがちな重くて硬くて肩が凝る…なんてことも起き辛いだろうな…というほど、見た目以上に軽く、中に厚手のニットやジャケットも着込める十分なゆとりがあるので、これからの季節重宝しそうです。

日本では若い方が着ているイメージが強いPコートですが、大人が着るPコートとして、これ程適するものは中々ないのではないでしょうか。

 

着用画像は…ちょうどtoffのinstagramでアップしていく予定ですので、そちらも是非チェックしてみてください。

 

 

海の男たちを寒さから守るために生まれたPコートが、こんなにもモダンな面構えになりました。

ここ最近Pコートを着ていないなーなんて方も、是非袖を通してみてください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

COMOLI MOLESKIN BACK STRAP PANTS

Comment

COMOLI MOLESKIN BACK STRAP PANTS

COMOLI : MOLESKIN BACK STRAP PANTS / ¥36,000 + TAX-

こんにちは。toffの長谷川です。

夜の闇にも素敵に溶込み存在感を放つパンツ。

このカラーと微起毛具合がヤミツキになりそう。

COMOLIのモールスキンバックストラップパンツをご紹介致します。

昔、ヨーロッパ古着を取り扱う店で働いていた長谷川としては、モールスキンと言えばヨーロッパ、、ってイメージ(勝手な決めつけですけど。。。)があります。

今回のそれは、まさにヨーロッパのモールスキンを使用しているので個人的にも気になるところ。しかも響きが良いイギリスのファブリックを採用しているんですから、余計に惹かれてしまいます。

高密度で地厚、柔らかい風合いと独特の毛羽立ちが特徴の生地ですが通常は起毛している側を表に使用するものを、あえて裏側の光沢のある面を表に使っている点も、面白みを感じていただける1つのポイントとしてあげられます。

ベルトループは付かない、スッキリとしたデザインのウエスト周り。

あまり見た事のないパーツを採用したフロントホックとCOMOLIと言えばなボタンフライ仕様。

※ 外で脱ぐと捕まりかねないので、、ボタンフライは別撮りしています(笑)

シルエットはヒップに丸みを出したテーパード型。

後ろのシンチバック(尾錠)でギューっと絞って穿く、今では若干珍しいタイプのパンツです。

ちなみに、、

先端は尖っていない針シンチ。

ヨーロッパらしいディテールがここにも落とし込まれています。

モールスキンを使用したヨーロッパのワークウェアの代表アイテムとして、主にフレンチワークジャケットが挙げられると思いますが、モールスキンの堅牢さや経年変化する姿は分かりやすいところで言うデニムのよう。自分だけの1本を作ることが出来る、そんな楽しみもあるパンツだと思います。

実際に見てみるとシンプルでミニマル、極力無駄を省いたデザインがどんな洋服にも合わせやすいtoffお勧めの一品です。

 

【オマケ画像】

昨日、こちらでも軽く触れた十日森稲荷神社祭の御神輿。

子供の部より大人の方が活気と熱量が凄かったです。

皆様、お祭り男なんですね、、w

最後は、こんな和やかに記念撮影を行い、幕を閉じました。

って、toffは参加していないですけど...。

3連休も最終日。お祭りはありませんが、本日もtoffは元気に営業しております!!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

Comment

COMOLI MELTON SMOKING JACKET

Comment

COMOLI MELTON SMOKING JACKET

こんにちは。toffの長谷川です。

昨日、今日と五本木では十日森稲荷神社祭が行われています。

いつもは、ゆっくりと落ち着いた時間が流れる五本木も、、

このように子供神輿で活気づいていました。

本日はかわいらしい子供神輿とは異なり、大人神輿です。

毎年のことですが(もう何回目だろう、、)大人神輿は、威勢が良くちょっと荒々しい熱いものを見れると思います。

その熱さに負けない?!ように、今からの季節に激アツなアイテムをご紹介させていただこうかと思います。

 

COMOLI : MELTON SMOKING JACKET / ¥62,000 + TAX-

そもそも、スモーキングジャケットって何?って話しかもしれません。

簡単に言いますとスモーキングジャケットとは、文字通り煙草を吸う時の為に着丈を短くしたり、その他のデザインをされたものであって、後のタキシードの原型となったモデルです。

断ち切りでも ほつれてこない、目の詰まったメルトンを使用したメルトン スモーキング ジャケットはパイピングとフロックボタンが特徴的。

クラシックながらもすっきりとしたシルエット、そして上品な面構え。コモリの空気感もまた見事に表現されたアイテムです。

裏地なしの一衣仕立てのため、オーバーコート感覚で使うの良いかもしれません。

同系色のパイピングや衿ぐりのショールカラー等、些細な所にまで行き届いたデザインは非常に嬉しいポイント。

特徴的なボタンは、チャイナジャケットみたいな感じです。

負荷のかかりやすい袖までしっかりとパイピングが施されたところも気が効いています。

こういう気遣いのある物は、ガシガシ着れそうですよね。

個人的に、クラシックな型にCOMOLIならではのエッセンスを加え、モダンに落とし込んだデザイン、いわゆる温故知新的な物造りにとても魅力を感じてしまいます。

一癖ありますが、着るとお手持ちのアイテムに溶込みやすい万能アイテム。

コートのインナーとして見せても面白そうです。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

Online Information

Comment

Online Information

こんにちは。toffの長谷川です。

日に日に寒さが増し、すっかり秋を感じられるようになった五本木界隈。

昼夜の気温差や夜の冷え込みに、そろそろジャケットやニットを手に取ってしまう重ね着が楽しい時期がやってきました。

toffでも先物買いのお客様も増えてきており(皆様早いですね...)、先週から今週にかけてコートやウールアイテム等の秋冬物が次々に旅立っていきました。

が...

中には気付いている方もいらっしゃるかもしれませんが。。。本日、ONLINE SHOPの商品を更新致しましたので、この3連休お休みが合わない方や遠方で中々当店に足を運べないお客様もご安心下さい。

今回は、こんなアイテムもアップされていますので、、長谷川のお勧めと共に勝手にご紹介させて下さい(笑)

 

 

ANDERSEN-ANDERSEN : THE NAVY CREW NECK / ¥42,000 + TAX-

言わずと知れた、ANDERSEN-ANDERSENの定番ニット。

防御力は言わずもがな、今年は羊の原毛を使用したこのBROWNがオススメです。

 

 

COMOLI : WOOL NYLON 3B JACKET / ¥58,000 + TAX-

秋冬になるとジャケットを着たくなりませんか?

ジャケット難民の方、迷われた時は是非1度こちらに袖を通していただきたい。そんなtoffイチオシのジャケットがこちらです。

カラーはネイビーとグレーがあるので気分や用途、皆様のお好みでお選び下さい。

 

AURALEE : BABY ALPACA ZIP BLOUSON / ¥59,000 + TAX-

見た目よりも軽くて柔らか、そして温かい。

その3拍子が揃ったブルゾン。

生後3ヶ月以内のアルパカの子供の柔らかい毛のみを使用した、1度しか採れない貴重な素材はこの上ない贅沢です。

Gジャンの代わりのインナーとして、いつもの洋服に変化を付けたい方に是非!

 

MELT : CHAMPA / ¥27,000 + TAX-

秋冬の首もとはこちらで決まり。

フランスからの黒船、MELT。

ウールとは思えない肌触りは絶品です。

挿し色にも使えるこの渋いカラーと素材の良さを是非、ご堪能下さい。

 

などなど…

今から活躍するジャケットやすぐ使えるカットソー等、中間衣料から重衣料に至るまで人気ブランドも含め種類豊富に取り揃えております。

その他の商品詳細に関しましては是非、こちらからご覧下さい。

もちろんONLINEだけでなく、この3連休はtoffも元気に営業しております。

今日、明日と五本木では、十日森稲荷神社祭が行われますので子供&大人神輿を見がてら、その足でtoffにお立ち寄り下さい。

 

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

COMOLI HAND CREW NECK KNIT

Comment

COMOLI HAND CREW NECK KNIT

こんにちは。toffの長谷川です。

秋が深まるにつれて、最近はアウターやニットをご覧になるお客様が増えているように感じます。

道ですれ違う人々もすっかり秋の装い。

今日の東京は最低気温16℃。

薄着でお出かけの方は羽織り物を持ってお出かけ下さい。

そんな本日は、COMOLIより届いたニットをご紹介させていただきます。

COMOLI : HAND CREW NECK KNIT / ¥50,000 + TAX-

 

ブランドとして秋冬定番で展開している文字通りの手編みのローゲージニット。 


去年はメリノウール、モヘア、シルクの3つの素材でしたが、今期はウール、アルパカ、シルクに変更となりリリースされています。

ウールのもつ柔らかさ、アルパカの防寒性、シルクの光沢と、異なる表情を持つ3種の原料 を混紡させた糸は、無地ながら単調にならない表情が魅力的な1枚。

かぎ針で球心状に手編みで作成されており、丸みのあるシルエットが特徴です。

かぎ針で球心状に手編みで作成されており、丸みのあるシルエットが特徴でリラックス感のあるゆったりしたシルエット、そして肉厚でボリュームのある生地感はTHE COMOLIといったところ。たっぷりとした上質な素材使いが個人的には必見かなーと思います。

カジュアルなアイテムかつ、ユルめ、そして肉厚なのに男らしさが全面にくるわけでなく、それでいて野暮ったくない、、その感覚はちょっと不思議な気がします。むしろ、大人感や色気すら感じてしまうのは長谷川だけでしょうか?

個人的に上品に見える面構えなので、ざっくりとスウェット感覚で着たい気分でもあります。

余談にはなりますが、雪の降る地方で愛用している方のお話を伺った時に肉感のある素材は本当に温かく着心地も良いので快適に冬を過ごせたそうです。むしろ、このニットしか着ていなかったとか。。。とにかく癖になるとおっしゃっていました。

柔らかな着心地の良さ、すっきりとした上品さ、贅沢な素材使いのハンドニットに仕上がったCOMOLIのハンドクルーネックニット。是非、一度体感してみて下さい。

手編みでしか出せない風合いや、その良さを毎年再確認させられると思います。

 

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

STOLES + JACKETS

Comment

STOLES + JACKETS

こんにちは。

toffの岡本です。

 

いよいよ涼しく(むしろ寒く)なり、アイテムを組み合わせるのが楽しい季節になって来ましたね。

こんな季節にオススメなのがジャケットとストールの組み合わせ。

色や素材のコンビネーションを楽しめるのもそうですが、朝晩と日中の温度差に対応し易いのも魅力の一つ。

特にMELTのChampaは細長い長方形なのでジャケットとの相性が良く、サラッと掛けて頂くだけで変化を付けられる便利アイテムでもあります。

 

BuddyOptical : a/n / ¥28,000+TAX-

toff, made in gohongi. : PATCH POCKET SWEAT JACKET / ¥36,000+TAX-

toff, made in gohongi. : DRAWCORD SWEAT TROUSERS / ¥20,000+TAX-

ITTY-BITTY : SHIRO SPUN POPLIN SHIRTS / ¥22,000+TAX-

 

寒色系の組み合わせですが、寒々しくならないのはMELT特有の柔らかな質感と、ITTY-BITTYの絶妙なトーンのシャツのおかげでしょう。

Champaの赤いラインが差し色としての機能も果たしてくれるので、ワントーンのコーディネートなどに差し込んで頂いてもいいバランスで成り立ちます。

 

Jr&Co : THE GREY COLLAR BUCKET / ¥21,000+TAX-

BuddyOptical : Sorbonne / ¥23,000+TAX-

AURALEE : WASHED CORDUROY JACKET / ¥42,000+TAX-

AURALEE : WASHED CORDUROY 5POCKET PANTS / ¥29,000+TAX-

ITTY-BITTY : IMPERIAL POPLIN REGULAR COLLAR SHIRTS / ¥22,000+TAX-

 

CAMELとBLUEも相性いい組み合わせだと思います。YELLOW/BLUEならスウェーデンカラーですね。

AURALEEもMELT同様、色や風合いの出し方が非常に繊細で上品なので、コーデュロイの起毛感や光沢感をストールで拾うとすんなり合わせ易いと思います。

写真はブルーですが、グリーンのストールでアースカラーに寄せるのも渋いです。

 

COMESANDGOES : CASHMERE 100 JET CAP / ¥15,000+TAX-

BuddyOptical : Washington / ¥25,000+TAX-

COMOLI : WOOL NYLON 3B JACKET / ¥58,000+TAX-

AURALEE : WASHED FINX TWILL CPO SHIRTS / ¥23,000+TAX-

 

こちらはグレーとグリーンの組み合わせ。

渋い印象になりがちなグレーをクリーンでモダンな印象に振れるのも、ストールをはじめ、キャップ、シャツの生地感があってこそ。

インナーや小物でグリーンを差すのは気になっているので、個人的にやりたい組み合わせでもあります。

 

 

こんな感じでお手軽に色々と組み合わせを作れるので、是非お試しください。

何より暖かくて気持ちがいいので…。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

Comment

DESCENTE ALLTERRAIN MIZUSAWA DOWN JACKET

Comment

DESCENTE ALLTERRAIN MIZUSAWA DOWN JACKET

こんにちは。toffの長谷川です。

本日、ご紹介するのは【DESCENTE ALLTERRAIN】の代名詞とも呼べる" 水沢ダウン "

皆様もご存知かと思いますが、水沢ダウンは生産数に限りがある事でも有名です。

なので、あれば簡単に買えそうですが、、実のところは希少性あるダウンという事をお忘れなきよう。。。

それでは、商品紹介にうつります。

DESCENTE ALLTERRAIN : MIZUSAWA DOWN JACKET / ¥100,000 + TAX-

ダウンは冬の防寒に必要不可欠(と勝手に思う長谷川、、)。

良いダウンと呼ばれる物は沢山あるけれど、かっこいいダウンって正直あまり出会った事がなくて、、

DESCENTE ALLTERRAINの展示会に行った時に、出会ったモデルがこの" MOUNTAINEER "

個人的に今、現存しているダウンの中で(また勝手に、、)最強説を唱えています(笑)

しかもこのモデル、ドイツミュンへンで毎年行われる世界最大級のスポーツ展示会でもある『ISPO』の2013パフォーマンスセグメント・マウンテンパフォーマンスカテゴリー・アワード受賞モデル。

聞き慣れない名前や言葉が多かったので調べてみると...

商品のコンセプト、デザイン、技術、環境への配慮などの項目で厳正な審査のもと優れた製品に授与される名誉ある賞の事をさすようです。

マウンテニアの詳細を少々。。。

水沢ダウンジャケットの中でも更なる快適性と機能性を追求したハイスペックモデルの"マウンテニア"は熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工により、水分含浸を防ぎ、高い耐水性を実現しています。

雨や雪など悪天候下での着用も考慮しフードに水や雪だまりを防ぐ「パラフード」システムを搭載(画期的です)。

このように使用しない時は、ジップを閉めておくと雨と雪がが入ってきません。

ジップをあけるとかぶる事が出来ます。

フロントジッパー部分に採用されたデュアルジップベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが可能です(電車の中で暑くてもこれなら安心)

また裏地にはデサントオリジナル保温素材HEAT NAVIを使用し、ジャケット内を快適な温度に保ってくれます。

実際に購入した事のあるお客様に話しを聞くと、軽量で保温性に秀でた優秀なダウンだと良く耳にします。ちなみに電車の中では、暖かすぎてTシャツ1枚で十分って言ってました(笑)

本質を見極めて本物にこだわる方、デザインと機能性を重視している方、そのどちらにもきっと満足していただけるDESCENTE ALLTERRAINのマウンテニア。流行に捕われない物造りから生まれたこちらのダウン、逸品です。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

Delivery Information

Comment

Delivery Information

こんにちは。toffの長谷川です。

10月5日(木)にCOMOLIが入荷する予定となっています。

今回は、重衣料がメインとなりますが、どこのブランドさんも入荷はすっかりニットやらコートやら...

しかも、今日の東京は最高気温27℃。

まだ、重衣料なんて着れないです。なんて声が聞こえてきそうなものですが。。。そんな声にも負けずに本日はアナウンスしていきたいと思います。

さて、その気になるラインナップを早速ですが、是非ご覧下さい。

 

COMOLI : メルトンスモーキングジャケット / ¥62,000 + TAX-

COL. NAVY

SIZE : 1 , 2

COMOLI : ハンドクルーネックニット : ¥50,000 + TAX-

COL. (上)BROWN , (下)NAVY

SIZE : 1 , 2

似ていますが、冒頭の着用写真がとは別になります。

COMOLI : モールスキンバックストラップパンツ / ¥36,000 + TAX-

COL. GREEN

SIZE : 1

すみません。着用写真がありませんでした。。。汗

 

ご覧のとおり、本格的な秋冬アイテムの登場といったです。

今回はモールスキンにご注目!!発色の良いものや面白みのある形等々、語りどころあるアイテムが揃います。

個人的には、ちょっと癖のあるものもサイズで上手くバランスをとって、サラリとしたアイテムで着こなしたい気分です。その他、展示会で見た時から気になっていた定番のニットも新色が出るので楽しみでもあります。

前回入荷したレザーのコーチジャケット同様に、あっという間に旅立ってしまう事が予想される(僕達もびっくりしましたが、、)アイテムもありますので、気になる方はなるべくお早めにチェックしに来て下さい。

皆様、10月5日の木曜日(予定)のCOMOLIの入荷に、乞うご期待。

 

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

AURALEE DOUBLE FACE CHECK LONG COAT

Comment

AURALEE DOUBLE FACE CHECK LONG COAT

AURALEE : DOUBLE FACE CHECK LONG COAT / ¥90,000 + TAX-

 

こんにちは。toffの長谷川です。

本日は、大人の雰囲気を醸し出したグレンチェックが渋いコートをご紹介したいと思います。

まずは、生地からの説明です。

イギリスのミッドランド地方で育った英国羊毛の長毛光沢種であるブルーフェイス種の原毛を使い、しっかりと打ち込んで織り上げた二重織りの生地を使用しています。

英国羊毛ならではの弾力性がありつつ、しなやかな肌触りと光沢が特徴で、迫力がある多色の杢糸を使ったチェック柄がどこかモダンな表情。


迫力のあるAラインシルエットのステンカラーコートは、たっぷりと分量をとった袖や身頃、上品なハリと光沢が特徴的な今シーズンを象徴するAURALEEのコートではないでしょうか。

さて、いつもならここでディテールやら何やらのご紹介をするところですが、、

昨日、このBlogを書いている間にまさかの完売となってしまいました。。。汗

長谷川も狙っていたのに。。。泣

結局、何が言いたいかといいますと...皆様、気になる物はお早めにということです笑

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

This month's music.

Comment

This month's music.

こんにちは。

toffの岡本です。

 

もう10月、涼しくなりそうでならないような微妙な気候に、早く本格的に衣更えをしたい気持ちを焦らされ続けているここ最近ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

店頭にはニットやアウターも並び始め完全に秋冬の様相ですが、それを着られないジレンマと日々格闘しております…。

 

 

さて、月初ということで個人的に楽しみにしている新しいカセットがwaltzさまより入荷しております。

 

それでは早速…

 

 

Various Artists / Forget The Night : ¥1,280+TAX-

ポートランドから世界中の発掘音源を世に送り出すLittle Axe Records。今作はShazamもお手上げなカルトポップチューンばかりを収めたコンピレーション。しかし、それはまるで異国の地から偶然に聴こえて来たラジオ放送のような郷愁と安らぎに満ちている。

 

Various Artists / On The Radar Vol.2 - Made In Germany : ¥1,680+TAX-

ドイツのビートメイカーたちが持ち寄った16曲のインストゥルメンタルHip Hop。搭乗を待つ夜の空港で聴きたくなるようなモダンでロマンティックなトラック群。ロンドンを拠点にエレガントなジャズHip Hop作品をリリースするレーベルMillennium Jazz Music。特定の国にフォーカスした人気シリーズ「Made In A Country」最新作。高級感がそこはかとなく漂う。


 

Lady Paradox & Gadget / Mood Swings : ¥1,480+TAX-

ロンドンの女性MCとMillennium Jazz Musicオーナーのコラボレーションユニット。スウィートなフロウとスモーキーなダウンビートが滑らかに溶け合い、チル&メロウなジャズHip Hopへと昇華。深夜のナイトクラブで彼らのライヴを観ることが出来たら、どれだけ幸せなことだろう。

 

Nosaj Thing / Parallels : ¥1,480+TAX-

LAを拠点に活動するプロデューサーJason Chungのソロプロジェクト。Hip Hopをルーツとする彼が、今作では大きく振り切ったハイブリッドなサウンドを展開。ゲストヴォーカルをフィーチャーした耽美的なダウンテンポ、現代音楽的なミニマル、4つ打ちのハウス、そしてビーツ。タイトルが示す通り、それら全てが並列に配置されたシネマティックな世界。極めて挑戦的な4thアルバム。

 

Big French / Stone Fish : ¥1,480+TAX-

ニューヨークのLo-Fiアートロックバンド。ナイーヴなヴォーカル。ガシャガシャと鳴るギター。規則から解放された曲展開。壊れたふりして実はポップ。未完成の美学を感じるDIYサウンド。ポストパンク的な知性が宿るニューヨークの地下の音。メジャーブレイクする可能性は皆無だけど、伝説になる可能性はある。今作が2nd。

 

 

 

今回は秋の夜長に合うようにジャズやチルなどの要素を含んだもの多目にセレクトしています。

やっぱりカセットで聴く音質は魅力的ですね…。

車がカセットしか聞けないからと探しに来てくださる方もいて、確かに…と懐かしさと同時に新鮮さも感じています。

レア音源も多いので、是非店頭でご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

Comment

toff director blog #5

Comment

toff director blog #5

皆様こんにちは。toffディレクターの関です。

洋服屋業界では秋冬シーズンの立ち上がりは一般的には8月ですが、実際には暑過ぎて秋冬の事なんか考えられませんよね。

最近ではその「立ち上がり」を遅らせているショップやブランドも多いと聞きます。

昔とは違って(昔だって夏は暑かったでしょうが)より四季の変化が感じられにくくなった今の日本(11月でもまだ暑かったり)では良い取り組みかもしれません。

とは言え洋服好きとしてはさすがに今月あたりから新しい季節のアイテムが気になったりするのは仕方の無い事です・・・

 

今回はtoffでの取り扱いが今シーズンからスタートした、イギリスのハットブランドJr&Coのお話です。

toffとは別で、ロンドンのショップのバイイングを担当している時に、そのロンドンのショップのオーナーから紹介されたブランド。会ってみると帽子を3型しか作っておらず、それに使う素材を毎シーズン変更するだけという極めて「不器用」なブランドという点に惹かれオーダーする事にしました。

日本の他のショップにも紹介しましたがピンポイントすぎるラインナップの為、どこも反応せず、自然と日本国内ではtoffだけの独占販売(おおげさに言ってみたかっただけです)となったのでした。

ロンドンベースなので、ロンドンにはいくつかの取り扱い店がありますが、Jr&Coではショップごとにチョイスする素材(シーズンで決められている中での厚さなど)や色の全てがショップのエクスクルーシブになります。

つまり全てがショップの別注品と言えば分かりやすいでしょうか。それを実現する為の生産背景としてロンドン市内の小さな帽子工房を使っています。ハンドメイドで製作されるため少量でも別注品として対応できるのです。

今回toffでチョイスした2型はどちらも同じ素材です。シーズンのチョイスがWaxed cottonなのですが、その中でも中間の厚さのものを選んでいます。

jr&co hat1
jr&co cap1

一番厚いものはハードで格好良いですが、ギトギトなので普段使いではちょっとしんどいかなと思い(本格的なアウトドア=雨をしのぐ道具として使うのは最高でしょう)、一番薄いものだと軽くて扱いやすそうですが素材としての面白みに欠けます。色は深めのネイビーです。

サンプルの帽子は全てオリーブカラー(バブアーで良く見るような色)で製作しており、この辺りからも「不器用」なブランドの魅力が垣間見えていました。

オリーブも本格的で最高に格好良いのですが、街中でかぶることを考えるとネイビーが一番使いやすそうです。どこにでもありそうなハットとキャップですが、かぶると一癖あって意外と特徴的です。

jr&co hat2
jr&co cap2

これからジャケットやコートなど、着こなしが重たくなってくる時のバランスを取るのに最適な遊びが効いていると思います。

ハットは前を折り返すのも良い感じです。と、後ろのボタンも良いアクセントに。

jr&co hat3
jr&co hat4

2型それぞれ少量入荷となっておりますので、気になる方はこの週末にでも是非ご覧になってみてください。

 

それでは皆様、また10月末にお会いしましょう。

素敵な秋の始まりをお過ごし下さい。



toff ディレクター関

http://livininparis.com/

instagram


【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

Comment

ANDERSEN-ANDERSEN THE NAVY FULL ZIP SWEATER

Comment

ANDERSEN-ANDERSEN THE NAVY FULL ZIP SWEATER

こんにちは。toffの長谷川です。

本日は、何の日?

そうです。本日のtoffはgohongi Fridayの日です(何気に8回目です)。

以前、こちらでもご紹介したように、2018S/SのWESTOVERALLSの受注会イベントを開催致します。

皆様、お時間があれば(なくても、、)是非、お立ち寄り下さい。

そして、今日はそんなデニムにも相性バッチリのニットをご紹介させていただきます。

開けても良し。

閉めても良し。

ダブルジップで開閉してお好きなところで調節しても良し。

このブランドの象徴でもある5ゲージの両あぜ編み。

袖先には親指を通す穴(サムホール)が開いており、寒い日には袖先が簡易的な手袋に早変わりします。

後ほど、着用写真でご確認下さい。

キーケースや名刺入れもスッポリ。

並列にしても余裕があります。

ANDERSEN-ANDERSEN : THE NAVY FULL ZIP SWEATER / ¥58,000 + TAX-

 

toffでは、初めての取り扱いとなるこのアイテム。

2016年までのフルジップカーディガンに、アウターとしての機能を充実させたNEWモデルとなります。ハンドウォーマーポケットが付き、ジッパーがダブルジップ仕様になりました。

首元も少し余裕を持たせ、折り返してエリ付きカーディガンのようにも着れる仕様になっています。

南米産のメリノウールを、イタリアで高密度且つ重厚に編み上げたオリジナルニットを使用したこのモデルは、抜群のフィット感を持ち、保温性を確保し、更に着崩れを防ぎ美しいシルエットを描きます。見た目に反して、ソフトな質感も魅力的なんです。

シンプルなデザインなのでアウターやインナーとしても汎用性が高く、また、良質で厚みがあり丈夫なカーディガンですので、時代に左右されず数年先まで着ていただけます。生産は全てイタリアにて行われています。

カットソーで合わせたり、、

シャツを着て大人コーデを楽しんでみたり。。。

これ以外にも、前開きで襟を寝かせ、タートルネックなどとレイヤードをしたり、ジップをトップまで上げてジャケットやアウターのインナーとしてもお使いいただける汎用性の高いカーディガン。

長年、ご愛用するのにふさわしい耐久性を備えているのでので、冬の定番アイテムをお探しであれば、これ以上のアイテムは無いのではないかと(勝手に)思います。

着れば、着るほど体に馴染み、自分だけの1枚に育っていきます。是非、ご自身だけの一枚に育ててみて下さい。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

gohongi Friday #8

Comment

gohongi Friday #8

こんにちは。toffの長谷川です。

 もう9月も最終金曜日がやってきたのですね…。

なんと早いものでしょうか。

9月29日(金)はtoffの恒例行事でもある、、

gohongi Fridayです。

そして長谷川、岡本が飲みたいだけ?!という説も有力なgohongi Fridayも明日で8回目となりました。

パーティーという程騒ぐ訳でもなく、洋服屋でゆるーく飲みながら色々な業種の方々とコミュニケーションを取るのは多くの発見もあり、面白いなぁーと個人的にいつも思います。

お客さま同士が仲良くなってくれるのも嬉しいので、ハードルの低い社交場として利用して頂けるとありがたいです。

そして、明日行うイベントと言えば、toffの定番デニムとしてもかなり定着してきた。。。

WESTOVERALLSの18S/S受注会。

18S/Sの商品を一挙大公開となりますので、かなり気は早いですが。。。見るチャンスと来春のコーディネートを考えるチャンスです。

人気のブランドを先行で見れる(受注出来る)のって関係者やバイヤー等、一部の人しか基本は出来ないので、非常に貴重な機会だと思います。

とは言えまだまだ秋冬は続くので、即戦力の秋冬物を見たい!と言う方も歓迎です。

 

いつもの感じでゆるーくお酒飲みながら開催しますので、お時間のある方は是非お立ち寄りください。

こんな感じで、お待ちしております。

新作の写真は、、

gohongi Fridayに足を運んでいただいた時のお楽しみという事で。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

ANDERSEN-ANDERSEN THE NAVY CREW NECK

Comment

ANDERSEN-ANDERSEN THE NAVY CREW NECK

こんにちは。toffの長谷川です。

昨日に引き続きこちらでも記載したANDERSEN-ANDERSENのご紹介です。

ANDERSEN-ANDERSENと言えばな"THE NAVY CREW NECK"

秋冬のtoffでも好評を博したアイテムの1つでもあります。

昨年の取り扱いカラーは、、

こちらの3色。

でしたが...

今回は、新色が登場です。

ANDERSEN-ANDERSEN  : THE NAVY CREW NECK /¥42,000 + TAX-

こちらの新色、BROWNはメリノウールを使用しているのは一緒なんですが、原産国が違うのと羊の原毛の色そのまま(染めていない)という通常のモデルよりも洋毛感が強いので、こっそりプレミア感があります。

こちらの"THE NAVY CREWNECK"というアイテムは、その名の通り昔の海軍(NAVY)のセーターのような、前後が無くどちらからでも着られるような形。前後どちらでも着られるニットは忙しい船員達が前後気にすることなく、気軽に着られるような画期的な仕様。

ギュッと目の詰まったローゲージなので、持つとセーラーニット特有のズッシリとした重さを感じられます。

着用すると意外と重さを感じず、タフでありながらしなやかな着心地。

薄くて柔らかく、着心地が良いニットも良いのですが、こういったガッシリとしたニットを着込んで馴染ませていく愉しみ方も1つではないでしょうか。

クルーネックの表記ですが、実際に着用するとクルーネックとモックネックの中間のような印象になります。

スッキリと見える裾や。。。

袖はやや長めのリブ。

袖リブには、、

袖口の穴に親指を通してグローブのように使えたりする等、海軍や船乗りが過酷な海上で使用する為のディテールが盛り込まれた1着です。

指を通さない時には、こんな感じで1折。

やはり、原産国が違うのと原毛を使用しているだけあり、着た時の風合いや固さも全く違います(こちらの方が固いです)。

ニット1枚の季節にざっくりと着たり、中にシャツを合わせたり、もっと気温が低くなれば適当にバサッとコートを羽織っても良さそうな1着。寒くなる季節が待ち遠しくなりますね…。

デンマークのニット文化や伝統を守りつつ、良い物を作りたいという真摯な姿勢には非常に共感を覚えます。 

そして、昔ながらのセーラーセーターにおける機能美を踏襲しつつ、現代的であり、クオリティが高いという貴重なブランドだと思います。

お値段は安いとは言えません。

しかし、良い物は良い、、お値段以上の価値がそこにあると個人的には思っているので、まだお持ちではない方は時期としてちょっと早いかも知れませんが、先物買いの選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

 

こちらのイベントでも並んでいるので、是非ご覧下さい。

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment