WESTOVERALLS 2018SS

Comment

WESTOVERALLS 2018SS

 

こんにちは。

toffの岡本です。

 

形違い、色違いが欲しくなると評判の定番5POCKETシリーズ、セットアップで着たくなる857B Gジャン。

ちょっとしたお出かけに最適なDENIM BOX、今期ならではのカツラギシリーズ。

サイズさえハマれば男女問わず使えるので、カップルでシェアするのもお薦めです。

 

ちょうど和田も気になっているよう。一体何を買うのでしょうか…。

僕も801SのBLACKを一年前に購入し穿きまくっていますが、次は何にしようかなと思索中です。

 

サイズのあるうちに、是非そのシルエットの妙を確かめてみてください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

Comment

COMOLI LINEN BRUSHED DRAWSTRING PANTS

Comment

COMOLI LINEN BRUSHED DRAWSTRING PANTS

COMOLI : LINEN BRUSHED DRAWSTRING PANTS / ¥36,000 + TAX-

 

こんにちは。

toffの岡本です。

 

徐々に暖かくなってきたかなというここ最近ですが、COMOLIより18SSの入荷が始まっています。

今日ご紹介するのはフロントの片ポケが目を惹くパンツ。

古着や軍物好きの方はピンとくると思いますが、イギリス軍のオーバーパンツが元ネタ。

ですが、小慣れた生地の風合いや、ドローストリングでゆったりとしたこの形にブランドらしさを感じられる一本です。

起毛させたリネン素材は、あたかも長年穿き込んだお気に入りのパンツの様相。

古着ともまた違うそれは、きっとすぐに馴染んでくれることでしょう。

 

カラーはBLACKのみ。

今期COMOLIのパンツはBLACK推しです。

理由は店頭でご説明します。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

WESTOVERALLS DENIM BOX

Comment

WESTOVERALLS DENIM BOX

WESTOVERALLS : DENIM BOX / ¥13,000 + TAX-

 

こんにちは。toffの岡本です。

先シーズンも非常に好評をいただいていたWESTOVERALLS。第一弾が到着しました。

ブランド定番のDENIM BOX。

秋冬にコートやブルゾンと合わせても良し、これらの季節にシャツやTシャツと合わせても良し。

 

ちょっとしたお出かけに最適なサイズ感と、調節可能な紐の長さは手持ちでも、肩掛けでも対応可能。

男女問わず使いやすい形です。

 

ポケット部分にMELTを挿してみても良さそうです。

 

ちょうど本日WESTOVERALLSの入荷を予定しておりますので、気になっていた方は是非お早めに。

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

COMESANDGOES W/BRIM BLADE HAT

Comment

COMESANDGOES W/BRIM BLADE HAT

COMESANDGOES : W/BRIM BLADE HAT / ¥20,000 + TAX-

 

こんにちは。

toffの岡本です。

 

被りモノのご紹介が止まらないですが、今日は季節感を存分に楽しめるブレードハットをご紹介します。

ペーパー(紙繊維)ブレードで仕上げたCOMESANDGOESのこちら。

つばを2枚仕立てにしていることで、その脹らみが独特のボリュームを生みます。

ぱっと見ハットを2枚重ねているよう。

このバランスに慣れてしまうと、他のシングルブリムのタイプが物足りなく感じてしまいそうです…。

ボリュームがあることでシルエット的にバランスが取りやすく、ハットに苦手意識があった方でも比較的安心して被りやすいと思います。

頭部分は中折れ型ですが、自分で丸くしてボーラー型として被っても良い形。
 

COMESANDGOES : W/BRIM BLADE HAT (BROWN) / ¥20,000 + TAX-

BuddyOptical : Princeton / ¥24,000 + TAX-

AURALEE : CHAMBRAY BIG SOUTIEN COAT / ¥56,000 + TAX-

 

やはり暖かくなるとこういったハットが気になりますよね。


その季節だからこそのアイテムを楽しめるのは単純に楽しいものです。
 

 

是非この夏のお供にしてみてください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

COMESANDGOES COTTON MESH CASQUETTE

Comment

COMESANDGOES COTTON MESH CASQUETTE

COMESANDGOES : COTTON MESH CASQUETTE / ¥10,000 + TAX-

 

こんにちは。

toffの岡本です。

 

ニュー・シネマ系の反骨心を持つ若い労働者、アメリカのニュースペーパー・ボーイ、ジョン・レノンやブライアン・ジョンソン、あしたのジョーの矢吹丈、ご近所物語のツトムくん…などなど、人によってキャスケットのイメージは様々だと思いますが、ツイードなどの重めの素材ではなく、軽やかな素材とクリーンな色味のモダンな逸品が入荷しました。


コットンメッシュの生地に加熱により固まる特性を持つサーモ糸を混ぜ込んで作っているので、形状をキープする力に優れています。

コットン/ポリエステルのさらっとした質感はこれからの季節にちょうど良く、通気性の良い編み地は快適な被り心地。

キャップやハットに飽きて他を探してた…なんて方にもお薦めです。

COMESANDGOES : COTTON MESH CASQUETTE (LIGHT GRAY) / ¥10,000 + TAX-

BuddyOptical : Princeton / ¥25,000 + TAX-

ITTY-BITTY : IMPERIAL POPLIN REGULAR COLLAR SHIRTS / ¥22,000 + TAX-

 

クラシックなソレではなく、現代的な面持ちのキャスケットは、身分や階級などの背景や記号を度外視して単純に「被る」ことを愉しめるものに仕上がっていると思います。


是非お気に入りの被り方で。

 

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

AURALEE SOFT SWEAT SET UP

Comment

AURALEE SOFT SWEAT SET UP

こんにちは。

toffの岡本です。

 

昨日SOFT SWEATのセットアップを着てみて、これは女子でもハマるんじゃないか…と思ったので、ちょっと和田さんに着てみてもらいました。

 

AURALEE : SOFT SWEAT BIG P/O PARKA / ¥23,000 + TAX-

AURALEE : SOFT SWEAT SHORTS / ¥17,000 + TAX-

 

着用は上下ともメンズのサイズ3。

肩の落ち方や柔らかな生地のため変に広がり過ぎず、今ならではのオーバーサイズ感を楽しめるのではないかと思います。

キャップハットサングラスを足しても良さそう。

カップルでシェアするのも良いのでは…。

 

スケーターっぽくストリートに寄せても良いですし、上品なコート、ブルゾンや革靴と合わせても面白そうです。

 

暖かくなるのが楽しみになるセットアップ。

 

是非試してみてください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

AURALEE SOFT SWEAT SHORTS

Comment

AURALEE SOFT SWEAT SHORTS

AURALEE : SOFT SWEAT SHORTS / ¥17,000 + TAX-

 

こんにちは。

toffの岡本です。

 

ショーツはまだ気が早いのでは…という気持ちを抑えつつ、本日はAURALEEのショーツをご紹介します。

というのも、そもそも共生地のCREWNECKPARKAとセットアップで着て頂きたい提案だったのですが、あまりにも売れ行きがよく、セットアップの着用写真をブログやインスタにアップしないまま姿を消しそうだったので、このタイミングでのご紹介となりました…。

さて、そんな事情なので、寒空の下鳥肌を作りながら撮った写真がこちら。

 

CREDIT

AURALEE : SOFT SWEAT BIG P/O PARKA / ¥23,000 + TAX-

BuddyOptical : Princeton / ¥24,000 + TAX-

COMESANDGOES : CORDURA JET CAP / ¥9,200 + TAX-

 

寒そうな感じが出てないといいのですが…。(笑)

生地の説明はこちらでしているので割愛するとして、幅広で少し短めのショーツは、袖や身幅にボリュームがあり着丈短めのCREW / PARKAととても相性が良いと思います。

スウェットのセットアップなのに、不思議とだらしなく見えない生地や色、形のバランスは流石の一言。

この上にコートやブルゾンを軽く羽織っても良さそうです。

 

CREDIT

COMESANDGOES : ROLL KNIT / ¥8,000 + TAX-

ITTY-BITTY : IMPERIAL POPLIN REGULAR COLOR SHIRTS / ¥22,000 + TAX-

 

もちろん単体でもバランスの取れた形なので、使い勝手は非常に良いと思います。

何よりその柔らかく肌触りの良い生地は、楽チンで穿いていて気持ちが良いので、思わず春夏のワードローブに加えたくなります。

 

是非一度お試しください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

COMESANDGOES C/N OXFORD HAT

Comment

COMESANDGOES C/N OXFORD HAT

COMESANDGOES : C/N OXFORD HAT / ¥12,000 + TAX-

 

コットンナイロン高密度織りオックスフォード生地を使った、中折れ型ハット。

いわゆるロクヨンクロス的な素材なので、ハリ、質感、発色の良さを楽しめます。

もちろん撥水性に優れているので、フェスやアウトドアで使っても良さそう。

長めのブリムは安定感があり、ラフに使えるハットとして重宝しそうです。

 

 

アジャスター部分を前にして被っても良い形。

つば先にワイヤーが入っているので、角度をつけたりして遊べます。

 

是非お気に入りの被り方を見つけてみてください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

Comment

COMESANDGOES CORDURA JET CAP

Comment

COMESANDGOES CORDURA JET CAP

こんにちは。

toffの岡本です。

 

シーズンの変わり目にはコート類などの大物も気になりますが、小物から徐々に取り入れていく方も多いのではないでしょうか。

toffの帽子といえばこのブランド。COMESANDGOESより新作が届いています。

 

COMESANDGOES : CORDURA JET CAP / ¥9,200 + TAX-

 

定番型のシンプルなジェットキャップ。

今期はコーデュラファブリックを載せて登場です。

カバンなどで見かけることの多い生地ですが、その硬さ、ハリがありバリッとした質感は独特の存在感を醸します。

生地の裏がウレタンコーティングされているので、撥水性に優れ、これからの季節のアウトドア、レジャーなどでも頼れる存在になってくれそう。

アジャスターベルトでサイズ調整可能なので、男女問わずジャストで被れるのも嬉しいところ。

生地感を拾ってコーデュラのバッグなんかと合わせても良さそうです。

toffではBLACK、NAVY、BEIGEの3色ご用意しています。

 

シンプルな中に生地の存在感があるので、比較的重めのコートやブルゾンとも相性いいと思いますし、シャツ、Tシャツなど、軽装になってくる時期でも程よい存在感を発揮してくれる万能型。

 

是非試してみてください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

AURALEE CHAMBRAY BIG SOUTIEN COAT

Comment

AURALEE CHAMBRAY BIG SOUTIEN COAT

AURALEE : CHAMBRAY BIG SOUTIEN COAT / ¥56,000 + TAX-

 

こんにちは。

toffの岡本です。

昨日和田が着用しているAURALEEのBIG SOUTIEN COAT。

 

昨年もとても好評をいただいておりましたが、今年も相変わらず気に入って下さる方が多く、OLIVEが完売、BROWNも残りわずかとなりました。

 

ビッグサイズのモッズコートの様な、ロング丈のコーチジャケットの様な、オーバーサイズのステンカラーコートの様な…。

色々と例えが浮かんできそうな形とボリューム感。

先染めの極細番手のフィンクスコットンと上質な極細番手の絹紡糸を、しっかりと高密度に織り上げたシャンブレーを使用しており、シルクによる独特の光沢感とハリ感は非常に上品です。
加えて撥水加工が施されているので、これからの季節のアウターとして優秀ではないでしょうか。

光の当たり方や角度によってブラウンっぽくも、ネイビーっぽくも見えるこの生地は、他では中々お目にかかれない絶妙な色味。

春に着るブラウンもいいなあと思わせれくれる一品です。

至ってシンプルな作りですが、フラットなボタンや、裾がドローコードで絞れたり、肩甲骨の運動量の為のダーツがちょっとしたデザインに見えたり、2枚袖の自然な立体感を楽しめたり…。

気の利いた作りと生地の良さを味わえる、その作り込みはさすがの一言。

ただBIGなだけではなく、形と生地のマッチングが抜群なので、着た時の生地の揺れ方、裾の広がり方は非常に美しいです。

是非お早めにチェックして見て下さい。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

Newly joined...

Comment

Newly joined...

こんにちは。

toffの岡本です。(画像は岡本ではありません。当然ですが…。)

この度toffに新メンバーが加入しました!

和田さんと言います。是非話してみてください。

メンズのショップでありメンズアイテム(若しくはユニセックス)しか取り扱いが無い中で、女性スタッフがいるケースは一般的に少ないと思いますが、普段からメンズの洋服が好きでよく着るという彼女が居てくれることで、今までのtoff + αでまた違った提案や魅せ方が出来るのではないかな…と考えています。

女性が着るメンズ服の提案だったり、女性目線からのメンズだったり…。今後にご期待ください。

 

さて、そんな和田さんですが、早速店頭のAURALEEのコートが気になっている様子。

折角なのでANDERSEN-ANDERSENのニットITTY-BITTYのシャツと一緒に着てもらいましたが、懸念していたサイズ問題もオーバーサイズが浸透した今なら気にならないと思います。

AURALEEもメンズのサイズ3ですが、以外と収まりがよく、袖を捲っても良いバランス。

本人は普段シャツを全然着ないようでしたが、着てみて意外とアリですね...と新しい発見をしておりました。

皆様も是非食わず嫌いせず、いろいろと試してみてください。

 

と、つらつらと書いてみましたが、同じ服でも男性が着るのと女性が着るのでは見え方が違うので、これからはもう少し今までと違う感じでお見せ出来るのではないかと思います。

もちろんメンズ服が好きな女性や、女性からアドバイスをもらいたい方のご参考にもなれば幸いです。

 

新しいスタッフを、どうぞ宜しくお願い致します。

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

AURALEE FINX POLY HOODED COAT

Comment

AURALEE FINX POLY HOODED COAT

AURALEE : FINX POLY HOODED COAT / ¥49,000 + TAX-

 

こんにちは。

toffの岡本です。

 

AURALEEよりオーバーサイズですが着た時の馴染みが良い、綺麗なシルエットのフーデッドコートが届いています。

ショーツにも合わせられる程良い着丈で、薄く、軽く、春夏シーズンのコートとして非常に期待出来る一着。

縦糸に先染めの極細番手のフィンクスコットン、横糸に先染めの細番手のポリエステルを使用し、高密度に織り上げたシャンブレーは、軽くて薄く、且つ適度なハリ感、光沢感が魅力的。

この薄さでフードの形が綺麗に立体になる程のハリがあるのには驚きました。

仕上げに超撥水加工を施しているので、梅雨時期などのアウターとしても活躍してくれそうです。

 

また、ZIP、ボタン、フードのゴム、ハトメなど、細かいパーツも抜かりないです。

個人的にドロップした肩から広い袖口に繋がる、袖のボリュームからAURALEEらしさを感じます。

気持ち良く風が通るだろうなと想像出来る形と生地は、思わずこれからの時期に着るコートの選択肢に加えたくなります。



少し気が早いですが、Tシャツ、短パンにバサッと羽織る使い方もお薦めです。
 

是非お早めに袖を通してみてください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

DESCENTE ALLTERRAIN BOA ANKLE LENGTH PANTS TAPERED FIT

Comment

DESCENTE ALLTERRAIN BOA ANKLE LENGTH PANTS TAPERED FIT

こんにちは。

toffの岡本です。

 

年齢を重ねるごとにイージーパンツなどのラクな服を求めがちになる方も多いと思いますが、穿き心地の良さや形の美しさ、気を遣わず扱えて合わせやすいということも重要ですよね。

そんな我儘をきいてくれる、懐の深いパンツがALLTERRAINから届いています。

 

 

DESCENTE ALLTERRAIN : BOA ANKLE LENGTH PANTS TAPERED FIT / ¥33,000 + TAX-

 

ALLTERRAINといえば秋冬の水沢ダウンのイメージを持つ方が多いかと思いますが、パンツも意外と良いんです。

 

無縫製部分の多さ、裏からテープが貼られた少ない縫製部分、あまり見かけないパーツ類など随所から「らしさ」を感じられる一本。

個人的には、サイドシームを斜めに入れダーツの役割を果たすことで関節の運動量が考慮され、且つ左右見頃が一枚ずつのパーツで形成されているパターンに惹かれます。

ストレッチ性のある素材と相まって、細身のテーパードですが快適な着用感。

一番の特徴はウエスト部分のBOAダイヤルでしょうか。

ベルトループもドローコードも無く、ダイヤルを回してウエストをフィットさせ、緩める時はダイヤルを引けばワンタッチで解放されるという非常にラクな作りです。

 

 

 

人間の形が変わったり、超ヤバい新素材が出来たり、産業革命的な何かがない限り、根本的な構造や作り方の面で洋服はそんなに変わらないと思います(もちろん例外もあります)が、それでもテクノロジーの進化による新しい服のアイディアは見ていて面白いと感じます。

 

穿いて良さがわかるモノだと思うので、是非一度お試しください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

Comment

This month's music.

Comment

This month's music.

こんにちは。

toffの岡本です。

 

厳しい寒さも続いていますが、店頭では少しずつ春を感じられる商品が入ってきています。

twitter instagramも随時更新中ですので、是非ご覧になってみてください。

 

さて、今月もwaltzさまより素敵な音楽が届いております。

 

CORRIDOR : Supermercado / ¥1,280 + TAX-

Label : Citrus City

Genre : Indie Rock

カナダはケベックで活動するインディーロックバンドCorridor。

ジャングリーなギターが鳴るポップチューン。ポストパンク的なアートロック。80年代ニューウェーヴにおけるネオ・サイケ。

デビュー当初のR.E.M.を想起させるサウンドに乗るヴォーカルは全編フランス語。しかし当時のMichael Stipe同様に殆ど聞き取れないMurmur状態。

知性とセンスを兼ね備えた確信犯。そうでなければ作れない世界がここにある。

 

 

 

SILK RHODES : Silk Rhodes / ¥1,680 + TAX-

Label : Stone Throw Records

Genre : Soul, Funk

西海岸のアンダーグラウンドHip Hopシーンを代表するレーベルStone Throwの裏名盤。Sly Stone、初期Prince、D'Angeloを彷彿とさせるまさかのメロウ・ファンク作品。

ヴォーカルのSasha WinnとプロデューサーのMichael Collinsのタッグによって生まれた今作。

ローズピアノやオルガン、ギター等の生音中心のプロダクションによって気持ち良い「抜け感」が全編に漂い、そこにSashaのファルセット・ヴォイスが絡む、時代錯誤の大傑作。

 

 

SEMYA : Golden Days / ¥1,480 + TAX-

Lebel : Leaving Records

Genre : Electronic

ボルティモアを拠点に複数名義で活動するアーティストAlex Deranian。Semyaも彼のプロジェクトの一つ。

シンセによって虹色に染め上げられる音空間。そこに鼓動のようなビートや、ガムラン等のオリエンタルな要素も加えられて完成するモダン・ニューエイジ。アンビエントに寄ったA面と、民族音楽的なB面。どちらも神々しい光を放ちながら過去と未来を行き来する。

Laraajiの延長線上にある音。LAのLeaving Recordsを象徴するような作品。

 

 

 

FUMITAKE TAMURA & DAKIM : Mudai Version / ¥1,680 + TAX-

Label : Leaving Records

Genre : Hip Hop, Beats, Electronic

ビートメイクに留まらず、芸術性の高い音像構築を追求する日本人アーティストFumitake Tamura (aka Bun)。デトロイトのプロデューサーDakim。

今作は2014年に二人の共作として発表された作品「Mudai」の発展形と言える続編。更に深化したアブストラクトな音世界。アナログとデジタル。無機と有機。静と動。硬と軟。様々なコントラストがトラックの中で渦を巻き、やがて溶解する。泡立つように湧き上がるビートに、二人の創造力が宿る。

 

 

 

BEAUTIFUL DISCO : Heavy Rotation / ¥1,200 + TAX-

Lebel : Fuzzoscope

Genre : Hip Hop, Beat Tape

韓国ソウルで活動するビートメイカーBeautiful Disco。ブラジリアン・ソウル/ジャズやボサノヴァをサンプリングしたメロウなトラックにチョップ&フリップを加えて作り出したビートワールド。小洒落ていながら、どこか抜けている空気感が心地良く、西海岸のビートシーンで異彩を放つサンフランシスコのレーベルFuzzoscopeが目を付けるのも納得。

LAのプロデューサーJeremiah Jaeが2曲で参加していることからも、注目するべき存在であることが証明されている。

 

 

個人的にSILK RHODESを昔どこかで聴いた気がするのですが、思い出せずにモヤモヤしています…。

今月は「遊び」や「抜け」といった要素を多分に感じられる音世界を持ち、アーティストが本当に楽しんで作っているのではないかと感じるものが揃っています。

 

是非店頭で聴いてみてください。

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

AURALEE SOFT SWEAT BIG P/O

Comment

AURALEE SOFT SWEAT BIG P/O

AURALEE : SOFT SWEAT BIG P/O / ¥20,000 + TAX-

 

こんにちは。

toffの岡本です。

 

昨日ご紹介したPARKAも非常に好評いただいておりますが、スウェットといえばクルーネックでしょ。

という方の為にクルーもあります。

敢えてリバースウィーブ的な作りではなく、柔らかな生地をタップリとした分量でそのまま縦地使いにし、そんな生地をさらに活かすようなフラットな縫製。本当にSWEATなのかと疑わしいほど綺麗なドレープを楽しめる逸品に仕上がっています。

 

個人的に袖口の溜まり具合、ボリューム、肩の落ち方が好みで、一見シンプルなのですが、形のバランスが非常に現在的だと思います。

おそらく今着たいスウェットの一つに入るのではないでしょうか。

とかなんとか書いていたらBRICK REDは完売し、DARK NAVYのみとなりました。

 

是非サイズのあるうちに袖を通してみてください。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

AURALEE SOFT SWEAT BIG P/O PARKA

Comment

AURALEE SOFT SWEAT BIG P/O PARKA

こんにちは。

toffの岡本です。

 

厳しい寒さの真っ只中ですが、徐々に春を感じる商品が入荷してきています。

こちらでもシーズンの話がありましたが、リアルタイムで着られるものと店頭での展開商品(展示会もですね)のギャップは加速しているように感じます。

リアルタイムで着たいモノが着たい時にあるのが個人的には嬉しいのですが、今のそんな環境も、これからやって来る季節に想いを馳せアレコレ想像しながら楽しめたら良いと思います。

 

2月は各ブランドから新入荷が続きますので是非お楽しみに…。

 

さて、早速ですがAURALEEから18SSの新作が届いております。

 

 

 

AURALEE : SOFT SWEAT BIG P/O PARKA / ¥23,000 + TAX-

 

 

表糸にアメリカの超長綿であるスーピマコットンを、裏糸に柔らかな無撚糸を使用し編み立てられた裏毛生地。

非常に柔らかで抜群の着心地の良さを誇ります。

上質な原料と特殊な染め加工による滑らかな肌触りと光沢感がある生地で、程良い厚みがありながらも、重すぎず、綺麗な落ち感が特徴的なスウェットです。

ボリュームをもたせた身頃と袖が目を惹きますが、反面着丈はすっきりと短め。

その名の通りビッグですが、ただ大きくて野暮ったいわけではないバランスの良さを感じられます。

スウェットらしいリラックス感がありながらもだらしなくは無い、現代的な形と上品な色味は春先にさらっと着たり、今ならオーバーコートの中に重ねても良さそうです。

万能なDARK NAVYと、絶妙なBRICK REDの2色ご用意しております。

 

 

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment

toff director blog #9

Comment

toff director blog #9

皆様こんにちは。toffディレクターの関です。

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。本年もtoffをどうぞ宜しくお願い致します。

 

年が明けてからParisでは毎日雨が降っていますが気温は高く、ヨーロッパの冬の痛い程の寒さは感じられません。反対に日本では大雪や寒波で大変なことになっているようですね。

こちらでは毎日の雨でセーヌ川が洪水の危険ありとのニュースもあります。ドドーっと降る訳ではないのですが、ずっと降り続ける為か、どんどん水位が増してきました。日本に住んでいる時の豪雨に比べると可愛いような気もするのですが、Parisにしてはかなり多い雨の量なのだと思います。

実は2016年にも洪水がありました。その時には我が家のアパートの地下室も浸水してちょっとした騒ぎになりました。

昔とは違う季節の変化を感じ、我々ファッションの仕事をしている人間の言う「シーズン」というものの考え方も変わってきているように思います。

 

本日はそんな「シーズン」のお話です。

年が明けるとすぐに「コレクションサーキット」が始まります。これは各都市で順番にファッションウィークが設定されていて、バイヤーやジャーナリストは毎週移動を繰り返す事を指して言う言葉です。

ファッションウィークというのは読んでそのまま、ファッションショーや展示会をその週にまとめて開催することで世界中からお客を呼ぶイベントです。いわゆる「パリコレ」とか言われるアレです。

今年を例にすると、メンズではまずLondonが1/6~8、Florenceが1/9~12、Milanが1/12~15、Parisが1/17~21、みたいな感じで連続しています。いつも日程を忘れてしまうのでそんな時にはこのページを見てスケジュールを確認しています。だいたいこの日程の中でファッションショーがあり、もう少し延長して展示会があるという印象でしょうか。

日本では各ブランドが好きな時期にそれぞれ展示会をやっているのであまり考えられませんが、他の国ではこのファッションウィーク以外では展示会を行いません。(一部例外もあるでしょうが)

その為、この時期には世界中からバイヤーが買付けに訪れます。要は「まとめて見れて効率が良い」という事に尽きるのですが、これがある事によってホテルやレストラン、そしてその都市のショップも賑わいます。

これに成功しているのがFlorence(フィレンツェ)です。他のファッション都市に比べとても小さな街に、バイヤーを初め多くの関係者が訪れます。実はFlorenceだけはファッションウィークではなく、ただ一つの大きな合同展示会の為に世界中から人が詰めかけるのです。

DSCF9727.JPG

他の都市では期間中、いろいろな場所で同時に展示会が行われますが、ここFlorenceはPITTI IMAGINE UOMOという展示会のみで、この時期他には展示会などはありません。今回で93回目を数える歴史ある展示会は、今では単なる合同展という枠ではくくれない一大イベントとなっています。ショーやプライズの発表も行うイベントの模様はこちらのムービーから確認できます。

ファッションウィークではないと書きましたが、街を巻き込んでイベントが行われているので結果的にはファッションウィークの役割を果たしています。とにかく広大な敷地にいくつもの建物が建ち(もちろん古い建物も会場として使いながら)、それぞれのファッションのテイストが違っていて(でもメンズのみなので分かりやすい)、まるで小さな村(町かな?)のような雰囲気があります。

DSCF9778.jpg
DSCF9773.jpg

今回初めて訪れましたが、こんなにも多くの人が集まる展示会だとは知らずその雰囲気に圧倒されてしまいました。

Parisでは最近、集客力のある合同展が減ってきている印象がありますが、それもいろいろな展示会やショールームが増えてきて、集客が分散しているのだと思います。PITTIのように「ここしかない」という強みは、ブランド側にとってもバイヤー側にとっても魅力的な部分なのでしょう。

 

ところでこの1月の展示会で発表される服はどの「シーズン」かと言いますと、来年の冬(!)のものです。

「ファッションは半年サイクルで」なんて言っていたのも今は昔、世界中の人々がファッションを愛するようになった現在では、同じ「シーズン」と言ってもその場所の気候は全く違う訳ですから、この「シーズン」という考え方もこれから大きく変わってくるでしょうね。

 

それでは皆様、また2月末にお会いしましょう。

しっかりと「シーズン」が残っている日本で、素敵な冬をお過ごし下さい。



toff ディレクター関

http://livininparis.com/

instagram


【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

【 STAFF WANTED 】

Comment