JAN MACHENHAUER 2019aw

こんにちは。

toffの岡本です。

今日は水曜なので定休日なのですが、先週と同様、次回春夏の展示会シーズンなので鈴木さんと2人で色々と周っていることでしょう...。

その中の予定の一つに、JAN MACHENHAUERがあります。

19ssから取り扱いをスタートしましたが、想像していたよりも多くの反響を頂き、カラーや形によっては即完売状態だったシャツコレクション。

次の春夏は果たしてどんなラインナップになるのでしょう…。

今から楽しみです。

さて、そんなことを言っていますが、その前に秋冬です。

今回の19awでブランドの型数自体は増えていましたが、toffではその中から2型のみに絞っています。


JAN MACHENHAUER : Chris / ¥30,000 + TAX-

今回の春夏ではWHITEのみ取り扱っていた、「キホンのキ」的な形のChris。

気づけば店頭から姿を消していましたが、今回はWHITE、PALE OAK、HAZELの3色ご用意しました。

水彩絵の具からカラーの着想を得ているという、淡く柔らかい色味は健在です。

前身頃と後ろ身頃の前後差のバランス、ふわっと空気を孕む広がり方、肩周りの立体感など、非常にレベルの高いカッティングを愉しめる逸品。



JAN MACHENHAUER : Crusis / ¥30,000 + TAX-


そして新型のCrusis。

Chrisによく似ていますが、こちらは胸ポケット無し、剣ボロやカフスの仕様も違います。

何より、Chrisより若干コンパクト(縦方向に)なので、より日本人体型に合いやすいと言えるのでは無いでしょうか。

前回着丈や袖丈が気になって断念された方もぜひお試しください。

こちらはこのNATURALの生地が非常に良かったので、このカラーのみ仕入れています。

以前こちらで書いている事とも共通しますが、両モデルとも見た目はとてもシンプルでスッキリとした端整な顔立ちのシャツ。

ただ縫い代の始末や縫製、パターン等を見ると、気持ち悪いくらい偏執的なこだわりを感じられる逸品です。

シャツ好き、服好き、モノ好きの方、ぜひ。

※ JAN MACHENHAUER 2019aw のアイテムは 7/13 (Sat) 12:00より、店頭、ONLINE併せて発売いたします。



【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】





皆様のご来店を心よりお待ちしております。

toffComment