andersen-andersen-logo-s.png
img-andersen.jpg

2009年にアートディレクターであるPeter Kjaer-Andersen(ピーター ケアー アンデルセン)と、彼のパートナーであるCathrine Lundgren-Andersen(キャサリン ラングレン アンデルセン)のアンデルセン夫妻によって設立されたANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセン-アンデルセン)。

“making the World’s best sailor sweaters.”
― 最高のセーラーセーターを創りあげる ―

海洋国であるデンマークの人々にとって、大切な道具として古くから愛されてきたセーラーセーター(フィッシャーマンセーター)。
現在は大量生産と効率をもとめる潮流に流され、多くの創り手が伝統を手放しています。
母国デンマークでさえも、昔ながらの非効率な製法を継承するニッターがほとんどいないのが現実です。
忘れ去られようとしている伝統を、後世にも引き継いでいきたいという想いから、セーラーセーターの原型を研究し、最高の毛糸を求め、手間の掛かる仕様を実現できるニッタ―を探し、そして創りあげたのが、このANDERSEN-ANDERSENのセーラーセーターです。
皆さんには是非、長く着込み愛用して頂きたい。 そうしてリペアーを繰り返しながら、愛する人に受継がれていく事を願っています。


2015 年春夏より、「自分たちが思う本当に良いと思う素材を追求する」をコンセプトにスタート。

素材づくりからがデザインだと考え、日本屈指の生産背景で作り込んだ生地を開発。出来上がった素材の個性を最大限に活かし、 細部に至るまでクオリティにこだわったコレクションを展開しています。

高い質感で、気取らずに着ることができ、 オーセンティックかつ、洗練された洋服を提案します。


buddyOptical.jpg

コンセプトは、眼鏡が「気心の知れた仲間や相棒の様な存在である事」そして、ライフスタイルの中に自然とある『ワードローブ』の様な存在である事。

《Buddy》とは英語で親友や相棒を意味し、戦友の様なとても近しい存在を表します。これらの条件を満たす最良のレンズの選定、フレームのデザインをもとに日本国内で作製される。それが日本発の眼鏡ブランドBuddy Optical です。

 

COMES AND GOES

洋服や生活に寄り添い、彩りを持たせる存在としての、ほんの少し気の利いた帽子(HAT)や小物(THINGS)をコンセプトに展開するブランド。

自分が愛着を持って送り出した物の証として、すべてのアイテムに手書きのブランドネームを入れている。

 

COMOLIは、2011年にデザイナー小森啓二郎が立ち上げたブランド。

“全ての洋服の原型は欧米から生まれ、ある目的の為に作られた物である。”

この考えの基、“今の”日本の気候に合う、日本人の体型に合った、上質でシンプルな日常着を展開しています。


allterrain.png
img-allterrain.jpg

オルテラインコレクションが提供する商品は、Scene-less, Age-less, Time-less。
特定の年齢層や、特定のシーン、領域というものを敢えて考えずに、かつ流行に流されない真のモノづくりはなにかということに取り組むことをオルテラインのデザインの根幹においています。
デサントのものづくりのエッセンスを凝縮したコレクションともいえる、このオルテラインのデザインコンセプトは『Form follows function』です。
Formは形、すなわちデザインであり、followは「従う」という意味があり、「デザインはすべて機能性に従事したものである」という意味です。装飾としてのデザインではなくて、すべてに理由があり、機能性を伴ったデザインであるということです。
このForm follows functionという言葉は、もともとアメリカの建築家であるルイス・サリバンという方が提唱した言葉です。この言葉に象徴されるように、デサントのものづくりは、建築にちかいものがあります。
デサントの考える「デザイン」とは、装飾のためのデザインというよりは、「設計する」「機能を含ませて組み立てる」という意味合いを強く持ちます。
そのため、デザインの試行錯誤のなかで、実用的な機能だけが選び抜かれます。装飾としてのデザインは排除され、残るのはシンプルで、その機能を研ぎ澄まされたパーツのみです。
オルテラインにこめた思いは、そこに生まれる無限の可能性です。
スポーツウェアは、着る人によって、使い方によって、無限の可能性があります。
緻密な設計やデザイン、その試行錯誤は、スポーツウェアを通して、人の心を豊かにしたいという思いひとつで支えられ、この思い、情熱が、デサントのスピリット、このオルテラインです。


ittybitty.jpg
img-itty.jpg

誰でも知っているアイテムの、誰も知らない新しいバランス。

そんな新鮮さを持ちながら、時代性に捉われないタイムレスな魅力を持ったモノ。 時代性も何もかもが変わり過ぎている今、毎シーズン「これが一番新しい」と言っても価値が無いと思うし、

それぐらいのスピード感で世の中が動いていると、タイムレスにいいモノを作るしかないのではないかと思います。 シーズンは存在するが、商品としての素晴らしさがあれば、それは今年リリースしようが、来年リリースしようが、

例えそれが去年リリースしたモノであろうが、支持されるモノでないともうダメなのではないかとも思う。

私たちはタイムレスなモノが好きだし、そこに価値を見いだしています。 「定番」とか「継続」とか「ベーシック」とか... そういったことではなく、変わることの無い技術、仕立て、フォルム、クオリティ、気配り、機能性、美意識 etc...

時間が経って初めてその良さが分かるのではなくて、リリースした瞬間からタイムレス。 時代性に関係なく愛される=時代性に左右されないモノ。そんなモノ作りをしていきたい。


jandco.jpg
img-jrandco.jpg

Jr&Co

「統一感性」

「ユニークな感性」 - 人生の歩みにかかわらず、すべての人がユニフォームを持っています。レターマン、またはデニムのカバーオールを着た謙虚な製鉄所の労働者と、preppy Yaleの大学の子供である、制服はそれらをすべて結束させ、彼らの毎日の不可欠で機能的な部分です。

Jr&Coはこのコンセプトから大きなインスピレーションを得ています。 すべてのユニフォームに影響を受けた作品を制作しています。


melt.jpg
img-melt.jpg

MELT は 2011 年に2人の若いダイナミックな女性、エマ ガルサンとジャンヌ ビエン サルにより、ラグジュアリーなアクセサリーラインをネパールの地域社会を 支えられるようなアトリエで生産するという目的により創立されました。

MELT はもっとも美しい糸、カシミア、シルク、ヤク、キャメル等から織られるス カーフとアクセサリーです。

MELT はネパール、カトマンズで父から子に織り方を伝えるダージリン出身の織り 手により手織りされています。使用される糸には手で紡がれるのもありとても興味 深い表情を表します。また、機械紡ぎは比べられないほどの繊細さを与えます。

MELT は一人一人の織り手を大切にし、社会保障、家を提供するヒューマンスケー ルのワークショップでもあります。

MELT はエマであり、彼女は IFM を卒業後、エルメス、ドリスヴァンノッテンで経 験を積みます。その後、エルメスのサプライヤーがヨーロッパ基準を満す様、再構 築するというチャレンジに応じるためカトマンズへ移ります。この経験を経て、エ マはパートナーとアトリエを設立する事を決め、自分のブランドの設立に向けて着 実に動き始めました。

MELT はジャンヌであり、彼女はリヨンの Beaux Arts を卒業してからインドにある アーティザン テキスタイル プリンターで働き、その後ヨウジヤマモトで4年間プレ スを務めます。ジャンヌは素材の美しさの愛を世界中からアンティーク素材を集め る収集家、エキスパートである父親、ミッシェル ビエンからクリエイティビティ について大きく影響を受けてきました。

MELT はクリエーティブの中心であり、エマとジャンヌは Ikats(イカット織り)など の伝統技術を基に、オリジナルの新しい織り技術、形、色などを追究していきます。


standartsupply.jpg
standard.jpg

LEAN, LESS AND LEAVE

僕らが日々、本当に必要とするモノとは?

使う人のコトをイメージし、ただシンプルに本質を見極める。

そこから生まれたモノは使う人によってまた育てられていく。

より多くの気持ちをより少ないデザインで。

STANDARD SUPPLY™は余白美を感じさせるクリーンなデザインで、長く愛されるプロダクツを目指します。


“ IT RISES IN THE WEST, AND SETS IN THE EAST. “

西洋はフランスのニームから誕生し、東へ渡りアメリカで繁栄した物語をテーマに、

2017ssからスタートするジーンズをメインとしたデニムブランドです。

メインとなるジーンズには、5型のシルエットを軸にリジットやワンウォッシュ、加工を施した5色展開で、基本サイズをW26〜W36インチまで2インチ刻みで展開。オリジナルBOXに包んでお届け致します。

他にもデニムスラックスやシャツ、カットソーやファッショングッズをシーズンコレクションとして展開。

毎シーズン新たなプロダクトを創造していきます。

提案のひとつとして従来のS、M、L展開を行わず、サイズの概念に囚われないよう好きなシルエット、デザインを楽しんでいただくため、Aタイプ(小)、Sタイプ(中)、Fタイプ(大)という通常のサイズ展開をせず、形の提案をしています。

ジーンズを履いたあの頃から今、そしてこれからをそっとストーリーに綴る

デニムブランドWESTOVERALLSです。

STYLED AND DENIM CLOTHES BY WESTOVERALLS.