Pick Up


こんにちは。toffの長谷川です。

詳細は後ほど。。。という言葉を書いてからかなりの時間が経過してしまいました【POKIT】...汗

遂に伝家の宝刀?!という名のウンチク?!を今日はおおいに語らせていただきたいと思います。(寝むくなったら写真だけでも見てやって下さいw)

それでは、早速参りたいと思います。

 

【POKIT】

ITEM : LEATHER SHOULDER BAG

PRICE : LEFT / ¥72,000 + TAX- , RIGHT / ¥95,000 + TAX-

 

【POKIT】 は1999年、バイオード&クレア・オデュオールによりロンドンに設立された高いデザイン性と品質を備えたラグジュアリーグッズブランド。
バックミンスター・フラーの" ジオデシックドームの理論 "に影響を受けたショルダーバッグは同ブランドを代表するアイテムです。見た目がカプセルに見えることから、カプセルと呼ばれているこちらのバッグ。特に、最大の内容量を持つように設計してあり、また、それらは独特な3Dの形でもあります。

ちなみに、この舌を噛みそうなネーミングのジオデシックドームの理論とは。。。

三角、五画、六画形の組み合わせで構成された最小限の素材で最大の空間を作り出す理論。余談ですがノースフェイスの75年に発表されたテント、「オーバルインテンション」はこの理論を元に完成されているそうです。

では、続きに戻ります、、。

今回はいつもと趣向を変えまして、デザイナーの経歴と言葉をご紹介。

Designer:Bayode Oduwole (バイオード オデュオーレ)
ナ イジェリアに生まれ。11歳で英国に移り住み、ブリストルのClifton College で学んだ後、ロンドンのUniversity of Greenwichにて薬学を学びました。大学卒業後、彼は薬の規定を監視する幹部として、英国政府の厚生機関へ勤めました。この間に彼はスタイル、デザイン、およびファッションへの正反対的な関心を表現するためにPokitを作ったのです。「人々は、しばしば私がどうして製薬業界のキャリアと全く反対 のファッションに転向したのか、尋ねます。答えは簡単です ― 科学教育は実験、方法論、分析、および解釈で徹底的な研究を教えます。ファッション、スタイル、およびデザインは、それらと同じ原則の拡大なのです。これはいわゆる抽象論理ですが、生物学のクラスに集中する代わりに、私はファッションスケッチを描くのを好んだのです。」 Bayode

Designer:Claire Pringle(クレア プリングル)
生 粋のイギリス人のクレア。彼女はケントのCranbrook Grammar Schoolを卒業。そして、次に、アジアとアフリカ研究で権威ある(SOAS)学校に進み、アジアとアフリカの地理学で最初の学位をとり、継続して日本 の修士学を取りました。卒業後、彼女はロンドンのファインアート分野で国際的な競売人として、また個人的な芸術コンサルタントとして働いていました。ロンドンで研究の合間に、Bayodeと力を合わせて、彼らの理論とアイディアの製品化を始めました。「ファッションによるほとんどの有力なブランドが、他の 関係ない産業から派生しています。アートと地理学をミックスした構造は、創造性への教育と同じアプローチであると気付くことができたのです。アイディアは 個性から生まれます。そして、私たちの商品は、実用的で鍛錬した能力から生まれたものです。私たちは真の現代的ラグジュアリーグッズカンパニーを目指して います。」 Claire

 

前述の2人の想いが具現化されたこちらのバッグは全ての部材にハイクオリティの物が使用されており、POKITの革製品(革のトリミング製品も含め)は馬具専門ファクトリーによって作られています。高品質の英国ブライドルレザーかサドルレザーを使用することは、上質かつ頑強で丈夫。そして、高度の職人技を用いていることを示しています。また、ショルダースタイルのストラップは強力なキャンバスを使用。それはユーザーが扱う際に体に沿って、バッグが正しい角度になるように取り付けられています。あらゆる動きに適応するべく、 全てのクラシック・スタイルカプセルが最大の心地よさで背中に納まるようになった細部に至るまで拘りが詰まった逸品。

現在、イギリス製はレザーのみというところもポイントです。高いレベルのデザインと品質を備えた独特のスタイル。カジュアルの中にも品格を兼ね備えた新しい世代のモダンクラシックブランド【POKIT】を是非、店頭にてご覧下さい。

 

 

 

 

【 toff Online 】

【 toff facebook 】

【 toff twitter 】

【 toff instagram 】

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Comment